インフォメーション

3点ユニットバスでの空室対策の方法

3点ユニットバスでの空室対策の方法
一人暮らしで部屋を探す人は条件として「バス・トイレ別」を希望する人も多く、それを踏まえると3点ユニットバスの人気はかなり低いと言えそうです。
そうなると3点ユニットバス付きのマンションやアパートの需要が減り、空室問題に直面する可能性が出てきます。

そこでどうして不人気となってしまうのか、空室対策を行うにはどうすれば良いのかについて紹介します。

マンションやアパートの空室の原因は3点ユニットバスが問題?

部屋探しのおよそ7割の人がユニットバスを敬遠しているようです。
かつてワンルームや1Kの物件で主流だったユニットバスですが、近頃は一人暮らし用の部屋でもセパレートタイプの物件が増え、そちらの方に人気が集まっているということが伺えます。

ユニットバスが不人気な理由とは?

なぜ3点ユニットバスは人気がないのでしょうか。

その理由として

こういった意見をよく聞きます。

確かに3点ユニットバスはデメリットだけを聞いていると、不便に感じるかもしれません。

3点ユニットバスの空室対策

しかし、ユニットバスならではのメリットもあります。

掃除がラク

お風呂、トイレ、洗面所が一緒になっているので掃除に負担がかかりません。
お風呂掃除のついでにトイレ掃除もしようと自然に意識が上がり、キレイな状態をキープ出来ます。

コストパフォーマンスが良い

家賃のことを考えるとバストイレ別の物件と比べて3点ユニットバスはお手頃です。
場所や条件にもよりますが、20パーセント近く安いこともあるようです。
家賃が安い物件を探している人も多いので、かなりのアピールポイントになるでしょう。

さらに、デザインリノベーションを行う等、ユニットバスの印象を変えることで、より付加価値が付けられ空室対策に有効的です。



このように3点ユニットバスのメリットや付加価値をアピールすることで、ユニットバスは不便、不潔といった固定概念がなくなり、需要も増えていくことが考えられます。


Copyright c 2014 アールフィールズ株式会社 All rights reserved.

Fudousan Plugin Ver.1.7.0