インフォメーション

空室対策にはチラシが有効。作成時に抑えておきたいポイント

空室対策にはチラシが有効。作成時に抑えておきたいポイント
アパートやマンションで空室がある場合、オーナーや管理会社の立場としては何とかして入居者を集めたい所です。
このような空室対策には、チラシを作成して情報を発信していくということが有効的です。

今回は空室対策に有効なチラシを作成する時のポイントなどを紹介します。

空室対策にチラシは有効なのか

ふとスーパーのチラシを見た時に、特価品を見つけたのでスーパーに買いに行ったなんていう経験はないでしょうか。
宣伝を見て多くの人が惹きつけられるように、チラシにはそのような効果があります。

どんなに魅力的な商品があっても、その情報を知らなければ買う人はいません。
同じようにアパートやマンションの入居者を募集していても、知っている人が少ないと入居希望者はなかなか現れないでしょう。

しかし、チラシは多くの人が情報を知るきっかけとなり、興味を持つ人が現れる可能性が高くなります。

空室対策のためのチラシ作成のポイント

チラシを作っても魅力的な内容でなければ、読まずに捨てられてしまう可能性もあります。
情報ももちろんですが、1人でも多くの人に読んでもらうためにはデザインや見た目も重要なので工夫するようにしましょう。

マンションやアパートのアピールポイントを、キャッチコピーとして見出しに大きく掲載するとより効果的です。
例えば「駅から徒歩3分、充実の○○完備、家賃○万~」など、最大のアピールポイントをパッと見ただけで分かるようにしておけば、より興味を持ってくれやすくなります。

チラシには間取りを掲載する

文章だけではどんな物件なのか分かりません。
具体的な間取りを掲載すると、部屋のイメージを掴みやすくなります。

また部屋の清潔感をアピールするために、写真の一部分を掲載することも効果的です。
そうすれば、さらに人の目を惹きつけられるでしょう。



チラシを作成することは、より多くの人が情報を知るきっかけとなり、マンションやアパートの空室対策に効果的です。
また、チラシは物件の周辺情報に届くように新聞に折り込んで配布し、ポスティングをする場合は周辺公営住宅などから始めると効果的です。


Copyright c 2014 アールフィールズ株式会社 All rights reserved.

Fudousan Plugin Ver.1.7.0