インフォメーション

照明を使ったローコスト空室対策

照明を使ったローコスト空室対策
マンションやアパートの空室が問題になってきていますが、空室対策としてリノベーションなど各社様々な取り組みが行われています。
リノベーションをするにあたってはコスト面が心配されますが、出来るだけローコストで抑えたいなら照明器具を工夫してみてはいかがでしょうか。

空室対策に照明は効果があるの?

部屋はキレイで何の問題もないし、営業活動もしているにも関わらず、反応が薄かったり契約に繋がらない、なんてことはありませんか。
空室になるのには何か原因があるはずです。
それは、他の物件と差別化が図れていないからかもしれません。

近年は、部屋がキレイな物件が増えているため、ただキレイなだけでは入居者を獲得するのは難しいことが考えられます。
さらに個性的な部屋を希望する人も多いようです。

リノベーションをして部屋の雰囲気を変えることで空室対策となりますが、費用が高くついてしまうこともあります。
ローコストで雰囲気を変えたいなら照明を工夫してみましょう。

照明が変わるだけで部屋の雰囲気が変わる

あらかじめ照明を設置している部屋も多いと思いますが、その照明は部屋の雰囲気に合ったものでしょうか。
電球だけだったり、プルスイッチのシーリングライトで済ませていませんか。

通常ならそれだけでも十分ですが、照明器具や電球の色を工夫することで部屋の雰囲気やおしゃれ感がアップします。

どんな照明が空室対策に良いの?

ゴージャス感を出したいならシャンデリアを設置したり、おしゃれな雰囲気を演出したいのであれば間接照明を取り入れるという方法もあります。
また、ダウンライトも部屋がすっきりした印象になるのでおすすめです。

電球の色によっても雰囲気や人に与える効果が違います。
リラックスした部屋を演出したいなら暖色系の電球、学生やビジネスマンが勉強や仕事に集中できる部屋にするためには、青みがかった昼光色や昼白色がおすすめです。

このように、部屋のコンセプトやイメージ、ターゲットに合わせて照明を選ぶことをおすすめします。



近年では部屋に個性を求める人たちも多いため、他との差別化が必要とされています。
リノベーションの中でも手軽に行えて簡単な方法が、照明器具の工夫です。
雰囲気に合わせて照明を選ぶことで、部屋の雰囲気をガラリと変えてくれ、空室対策に効果的です。


Copyright c 2014 アールフィールズ株式会社 All rights reserved.

Fudousan Plugin Ver.1.7.0