インフォメーション

貯水槽清掃における断水は必須なのか?断水時間は?

貯水槽清掃における断水は必須なのか?断水時間は?
マンションなどの集合住宅には、住人の暮らしの上で必要となる水が貯水槽に確保されています。
高さがある住宅では水圧に影響がでるため、貯水層を設置して配水を行う場合が多いためです。

また、貯水槽は震災などの影響で断水になった場合も使用ができるため、災害や火災の備えとしての役割も担っています。

貯水層の掃除時には断水になる?

水を清潔に保つために定期的に貯水槽清掃を行う必要があり、清掃はタンク内の汚れを除去するために内部排水が行われます。
このため、清掃時間中マンション内は断水となります。
しかし、貯水槽の形が2槽式の場合は清掃の際に断水することはありません。

清掃時の断水が行われる際は、事前にお知らせの掲示や配布にて住民の方へ周知されます。
貯水槽清掃の時間は2~3時間程度と短く、断水も同様の時間であるため極端に困ることありませんが、トイレなども使用ができなくなるため、気になるようであれば事前に水を溜めておくなどの対策をとりましょう。

断水後の注意点とは

貯水槽清掃が完了した後は断水も解除されますが、直後の水道使用の際には赤水が出ることも考えられます。
これはタンクやマンションの築年数に関係なく、水道管のサビが混入しているものであるため、直後の水は飲用しないように注意しましょう。

断水が終わった後に水を使用する場合は、一度水を流すことが必要です。

断水後に行うべきこと

断水後に水を流す際、時間としては5分程度流していれば水は元のきれいな状態に戻ります。
貯水槽自体の汚れがでている訳ではないため、あまり神経質になる必要はありません。

しかし、使用前に十分に赤水やサビが排出されないと、人体への悪影響や水道管の詰まりの原因にもなるため、使用前はしっかりと水を出しましょう。

また、マンションのような集合住宅では貯水タンクが一つであっても水道は各戸につながっているため、どの部屋でも断水後は水を出す必要があります。
お風呂、キッチン、洗面など、水回りすべてにおいて行いましょう。



貯水層の水は、生きていく上でなくてはならない水の供給を行うため、清掃を行い清潔に保つ必要があります。
断水の後は、必ずサビが出なくなるまで水を流してから使用しましょう。


Copyright c 2014 アールフィールズ株式会社 All rights reserved.

Fudousan Plugin Ver.1.7.0