インフォメーション

貯水槽清掃の適切な実施頻度

貯水槽清掃の適切な実施頻度
水は生きていく上でなくてはならない存在です。
マンションなどの貯水槽を清掃せずに放置してしまうと、貯水槽の汚れや細菌が繁殖してしまう原因となってしまいます。

では、貯水槽清掃はどのくらいの頻度で行えば良いものでしょう。
また、貯水槽の清掃は建物の管理側への責任として、きちんと位置付けられているものなのでしょうか。

貯水槽清掃を行う決まりがあるものとないもの

日常生活を営む上で大切な水を溜めておく貯水層は、定期的な清掃が必要です。

貯水層清掃は建築物衛生法と水道法の2つの法律で定められています。
清掃を行う頻度は年に1回以上とし、これを怠ると罰則も発生します。
しかし、貯水槽の容量が10トン以下のものや、水道水以外の水源を利用している場合は貯水槽清掃が義務付けられていません。

ただ、マンションに設備されている貯水槽は10トンを超えるものが標準の大きさとなっているため、必ず清掃を行う必要があります。

違反の際の罰則

人にとってなくてはならない水源となる貯水槽の清掃は重要な管理として考えられています。
貯水槽は清掃とともに、厚生労働大臣の登録を行っている検査機関によって、しっかりと検査をしてもらうことが義務として存在しています。

もし万が一、貯水層清掃を怠ってしまった場合どのような罰則が発生するのでしょうか。
法律で定められた期間内に清掃が行われていない場合、その処罰は大きく、100万円以下の罰金、又は1年以内の懲役が科せられてしまいます。

清掃は必ず定められた期間内に行うこと

貯水槽の清掃を行わなかった場合、故意の場合だけではなく過失であっても罰則に処されてしまいます。
このため貯水槽清掃の頻度としては、最低必ず1年に1回は行いましょう。

法律で清掃の対象とされている10トンの容量を超える貯水槽は、義務として定められていますが、飲料水の安全を守るためには10トン以下の貯水槽の清掃も行いましょう。



建物の管理者はその建物で使用される水の安全についても守らなければなりません。
怠った場合の管理責任への罰則は重く、倫理的にも反してしまいます。
貯水槽を年に1度清掃することで安心できる飲料水の確保に努めましょう。


Copyright c 2014 アールフィールズ株式会社 All rights reserved.

Fudousan Plugin Ver.1.7.0