インフォメーション

排水管洗浄の適切な実施周期頻度

排水管洗浄の適切な実施周期頻度
マンションの排水管の清掃を定期的に行っている人は少ないのではないでしょうか。
排水管洗浄の周期や頻度は、一般的にどのくらいなのでしょうか。

排水管洗浄の必要性

マンションの排水管には3種類あります。
キッチンや浴室などの雑排水管、トイレの汚水管、雨水管となりますが、定期的に清掃が必要といわれているのは雑排水管です。

キッチンからの油汚れや洗剤、浴室からは毛髪などが流れるため、排水管に付着しやすいのもが流れるため詰まりやすくなります。
汚れが蓄積すると上手く水が流れなくなったり、悪臭が発生したりするため、定期的な清掃が必要になります。

マンションなどの集合住宅の場合は、オーナーや管理組合が管理していることが多いため、自分が住んでいるマンションではどうしているのか、確認しておきましょう。

清掃周期に関係しているもの

排水管洗浄は定期的に行うことできれいな状態を保つことが可能になりますが、清掃周期はその排水管の種類や形状などによって異なります。

例をあげると、鋼管は錆が付着しやすく汚れやすいといった特徴があります。
塩化ビニルや樹脂などでコーティングをしていても、劣化やキズがあると清掃の周期に影響を与えます。

また、使い方も周期には関係しており、普段から台所で熱湯や油を流している場合は、塩化ビニルや樹脂が溶ける危険があるため注意が必要です。

一般的な清掃周期

清掃周期は上記で述べたさまざまな要因を考えて決められるのですが、築10年を超えるマンションでは1~2年、築10年以内では2~3年に1回の頻度で排水管洗浄を行うのが一般的といわれています。

もし、可能であれば1年に1回の頻度で排水管の定期清掃を行うのもおすすめです。
業者によっては割引を行ってくれるところもあるため、検討してみるのもよいでしょう。



アパートやマンションの管理業務において排水管洗浄は法定点検に含まれていません。
しかし、汚れが蓄積してからでは深刻な問題が発生することもあるため、定期的に清掃を行うようにしましょう。


Copyright c 2014 アールフィールズ株式会社 All rights reserved.

Fudousan Plugin Ver.1.7.0