インフォメーション

貯水槽清掃を行う目的とは

貯水槽清掃を行う目的とは
アパートやマンションに設置されている貯水槽は定期的に点検や清掃を行う必要があり、管理体制が十分でないと衛生管理上の問題だけでなく、住民から苦情が発生する原因にもつながりかねません。

そこで今回は、マンションやアパートの貯水槽清掃を行う目的について紹介していきます。

マンションやアパートの貯水槽清掃の目的とは

マンションやアパートの貯水槽清掃が行われる目的は、住民が安全に水道水を利用できるようにするためです。
清掃や点検など、貯水槽の管理が行き届いていないと水道水に様々な影響を及ぼしてしまい、人体にも影響を与える可能性があるのです。

貯水槽清掃の義務について

貯水槽は基本的にビル管理法や水道法という法律によって、年1回以上の清掃や水質検査を行う必要があると義務付けられています。
管理が不十分とみなされると、罰則として100万円以下の罰金を支払わなくてはならなくなります。

ただし、この罰則というのは容量が10tを超える貯水槽を有している場合のみで、小規模なマンションやアパートなどの賃貸物件の場合、ほとんどが10t以下となっています。
そのため貯水槽清掃を行っていない場合でも、罰則を科せられるということはありません。

貯水槽清掃をしないことの影響

貯水槽清掃を行わないと、貯水槽内に細菌が繁殖しやすい状態を作ってしまい、安全とは言えない水になってしまう危険性があります。
また、貯水槽内、特に底の部分にサビができてしまうことで、水にサビが混入するなどの影響が出てしまいます。

安全な水が提供できないとなると、住民にも不満の声が募り、住民が次々と出て行ってしまう恐れがあります。
空室を防ぐためにも貯水槽清掃や点検は十分に行うべきだと言えるでしょう。



貯水槽清掃の目的は水道水を安全に使えるようにすることです。
住民が住みよい環境に整えるのも管理者として必要なことと言えます。
いくら罰則がないからと言って疎かにせず、最低でも年1回は貯水槽の清掃・点検を行うようにしましょう。


Copyright c 2014 アールフィールズ株式会社 All rights reserved.

Fudousan Plugin Ver.1.7.0