インフォメーション

民法改正案が閣議決定されました

中古不動産再生事業のアールフィールズ㈱です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3月31日、政府は債権などに関する民法改正案を閣議決定しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今国会への提出を目指すそうです。

 

 

国会

 

 

 

今回の改正案の中で特に注目されるのが、賃貸借契約における敷金について初めて定義付けがなされたことでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

賃貸人は賃貸借契約終了時に、敷金を返還することが義務付けられ

 

 

houritu

 

 

 

また、原状回復については、賃借人は通常使用の損耗と経年変化については修理しなくてよいと明記されたそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日常生活で生じるクロスや畳の日焼けなどについては賃借人に原状回復義務が生じず、

 

 

 

IMG_6723

 

 

 

故意による傷や破損などについては義務を負うとする内容だそうです。

 

 

関心

 

 

 

退去時の原状回復トラブルの発生抑止が期待されますね。

 

 

 

 

 


Copyright c 2014 アールフィールズ株式会社 All rights reserved.

Fudousan Plugin Ver.1.7.0