インフォメーション

改めて市場調査の大切さ

中古不動産再生事業のアールフィールズ㈱です。

 

 

 

 

 

 

供給の少ないワンルームに間取りを変更し家賃3万円アップ!?

 

 

 

売上アップ

 

 

 

築30年・RC3階建て・2LDKを家賃7万円で募集していたが、入居が決まらず6万円にプライスダウン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 
しかし家賃を下げたにもかかわらず状況は全く変わらず。

 

 

忘れ物

 

 

そこで市場調査を開始・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この地区では近年、単身世帯での需要が伸びていることに着目、思い切ってワンルーム間取りを変更!

 

 

R0043958

 

 

 

何と「家賃9万円で募集後すぐに入居者が決まりました」との事。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは他社の事例ですが、ネットや来店されたお客様を通じて、該当地区での需給が足りない物件の調査を行う。

 

 

市場調査

 

 

基本といえば基本ですが、安易に家賃を下げる前に “需要と供給”の調査、こうした基本を見落としてはなりませんね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

少子化とはいえ、まだまだ需要と供給をしっかり見据えればお部屋のニーズはあるという一例でした。

 

 

 

PITTARI

 

 

 

改めて市場調査の大切さを思い知らされました。

 

 

 

 


Copyright c 2014 アールフィールズ株式会社 All rights reserved.

Fudousan Plugin Ver.1.7.0