インフォメーション

試験で得た知識と実務の違い!?

中古不動産再生事業のアールフィールズ㈱です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回はちょっと難しい法律のお話です。

 

 

 

事務

 

 

 

民法第975条 遺言は、二人以上の者が同一の証書ですることができない。(共同遺言の禁止)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お客様から「1枚の紙に夫婦で遺言を書けますか?」という質問があったとします。

 

 

 

000018

 

 

 

(んー、そういえば共同遺言は禁止って試験の時に勉強したよな…) という事で、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「お客様、それは共同遺言にあたるので出来ませんね!」と答えたとします。

 

 

 

電話イラスト

 

 

 

さて、お客様への応対はこれで良かったのか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・遺言書は所定の様式・方法が法律で定められており、それに則らない場合は無効となることもございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この法の趣旨は単独の意思表示の確保であり、夫婦で1枚の紙に書いたとしても、 個々の単独の意思表示の確保されている限りにおいては問題がないという見解が一般的です。

 

 

 

関心

 

 

 

 

なるほど、「同一の」と「同一の証書は違いますね。お客様への対応は「もう少し詳しくお聞かせ下さい」となるのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

条文を覚えるだけでも大変なのに、法の趣旨や要件・効果まで一歩踏み込んで考えを巡らせないと 実務としては通用しない事を改めて思い知らされます。

 

 

 

チェック

 

 

 

 

弊社でも様々分野の有資格者等が、お客様のニーズにお応えすべく日夜研鑽しております。

 

 

 

是非ご相談下さい。

 

 

 

 

 

 

 


Copyright c 2014 アールフィールズ株式会社 All rights reserved.

Fudousan Plugin Ver.1.7.0