インフォメーション

短期で解約された時の違約金について

中古不動産再生事業のアールフィールズ㈱です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

賃貸契約開始時の初期費用を抑えるため、いわゆるゼロゼロやフリーレント物件契約が見られますが、

 

 

 

書類チェック

 

 

 

その代わりに1年未満で契約を解約した場合に、違約金を申し受けるケースが見られます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

契約自由の原則によりこうした契約も有効ですが、止むを得ない事情から短期で解約せざるを得ないお客様には、

 

 

忘れ物

 

 

 

なかなかご納得を頂けないのが実情のようですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

勿論、違約金の内容が賃借人に一方的に不利益であったり、解約権を著しく制約する場合は例外として、

 

 

 

電話イラスト

 

 

 

貸主様にも短期解約で生じる逸失利益があるのですから、その点を十分にお客様にご理解頂く必要があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今時はネットで裁判所の判例から事例を引用出来ますので、どの位までが違約金として申し受けられる 範囲なのか

 

 

 

検索

 

 

 

おおよその目安が付けられると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ともあれ、大切なのは契約前にしっかりとこの点をお客様に理解して頂き、念を押しておくことなのでしょうね。

 

 

イラスト 梅雨

 

 

 


Copyright c 2014 アールフィールズ株式会社 All rights reserved.

Fudousan Plugin Ver.1.7.0