インフォメーション

生活困窮者自立支援法の施行について

中古不動産再生事業のアールフィールズ㈱です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

平成27年4月から施行された生活困窮者自立支援法ですが、いよいよ7月から住宅扶助支給額も減額されはじめます。

 

 

 

忘れ物

 

 

 

実施時期は地方自治体により異なりますが、厚生労働省の試算によると現在116万世帯ある受給世帯のうち、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

減額によって現在住んでいる住宅の家賃が住宅扶助額を超えるのは44万世帯だそうです。

 

 

 

000018

 

 

 

 

賃料が住宅扶助額を上回ると転居指導の対象となるため、退去リスクが高まります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

予防策として考えられるのは家賃の値下げですが、当然、収益性の低下は避けられません。

 

 

 

 

souonn

 

 

 

 

一体どうすればいいのやら…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いろいろと難しい問題もありますが、手を拱いてただ家賃を下げるのではなく、一つの対策として、

 

 

 

 

ペイント

 

 

 

同じ間取りの部屋でも差別化を行い、賃料を上げても入居するような部屋創りの工夫が必要と思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ニッチなユーザーにターゲットを絞るも良し、付加価値(防犯、宅配ボックス、掃除サービス…)を上げるも良し。

 

 

 

 

土地

 

 

 

 

幸いにも景気は(多少の不安材料はあるものの)上昇局面にあり、一部地域では家賃の上昇も見られます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これから先のことを見据え、先行投資等行い、今のうちから手を打っておくのも大事ではないでしょうか?

 

 

 

星

 

 

 

 

 


Copyright c 2014 アールフィールズ株式会社 All rights reserved.

Fudousan Plugin Ver.1.7.0