インフォメーション

首都圏の5月の賃貸マンション賃料指数

中古不動産再生事業のアールフィールズ㈱です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

国土交通省は6月分の「不動産市場動向マンスリーレポート」を発表しました.

 

 

 

net

 

 

 

首都圏の5月の賃貸マンション賃料指数(2005年1月=100)は、前月比0.1%上昇の107.6だそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

空室率は、2009年2月以降76ヵ月連続で需給緩和局面の目安とされる5%を上回り、

 

 

 

関心

 

 

 

前年同月と比較すると、空室率は32ヵ月連続で前年同月を下回っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

円安や海外マネーの流入もあり、首都圏の不動産市場は好況のようですね。

 

 

 

品質

 

 

 

さて、ここで忘れてならないのは、厳然として少子化は進んでいる事実です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

不動産賃貸市場が好況を呈している今こそ、有効なリフォーム投資を行い差別化を図るのが後への備えとなります。

 

 

 

売上アップ

 

 

 

最近の傾向としては、ニッチなユーザへの対応やデザインを重視した物件に人気が出ております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

弊社でも実際に、モデルルームとして活用をしていたデザイン重視の高額物件への問い合わせが増えております。

 

 

 

PITTARI

 

 

市場では、リフォーム後に、家賃一気に5,000~10,000円upという事例も出ております。

 

 

 

 

 

 

 

思い切ったリノベーションが差別化を図るうえでのポイントになっているのかもしれませんね。

 

 

 

 

 

 

 


Copyright c 2014 アールフィールズ株式会社 All rights reserved.

Fudousan Plugin Ver.1.7.0