インフォメーション

賃貸物件に関するアンケートについて

中古不動産再生事業のアールフィールズ㈱です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(株)リクルート住まいカンパニーより、「賃貸物件に関するアンケート」が発表されました。

 

 

 

 

市場調査

 

 

 

 

1.部屋探し時の利用情報源

.   1位PCサイト/49.2% 2位スマートフォン/29.9%、3位店舗28.7%

 

2.不動産会社店舗への訪問数

.   平均1.6店舗

 

3.見学した物件数

.   平均2.6件(過去3年間の調査で初めて平均が3件を下回る)

 

4.入居時の設備・仕様

.   1位エアコン付き/71.0%、2位都市ガス/56.9%3位/TVモニター付インターフォン44.3%

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いかがでしょう?

 

 

 

関心

 

 

 

 

サイトである程度物件を絞ってから、実店舗で情報を確認し、内見で検証する傾向に変わりませんが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここ数年の傾向として“見学件数の減少”が見られ、今年度はついに平均が3件を下回りました。

 

 

 

madoguti

 

 

 

 

特に“独身”“男性““学生”に見学件数が少ない傾向が見られます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つまり、競合する物件がある場合、事前の情報量(写真や設備データ)が意思決定を左右するとも云えます

 

 

 

比較

 

 

 

 

事前に写真や文書を通じていかに物件をアピールするかが、第一の関門となっております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私どもアールフィールズでも、写真の画質や写し方には配慮して、サイトの充実を心掛けております。

 

 

 

kamera

 

 

 

 

もちろん「ここは“売り”なので」というセールスポイントにも着目し、文書に取り入れております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

空室でお悩みのオーナー様は是非、弊社までご相談下さい。

 

 

 

 


Copyright c 2014 アールフィールズ株式会社 All rights reserved.

Fudousan Plugin Ver.1.7.0