インフォメーション

大手保険会社で火災保険料値上げ!?

中古不動産再生事業のアールフィールズ㈱です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大手損害保険会社各社では、10月1日から火災保険料の値上げと10年超の新規契約が廃止されます。

 

 

 

000018

 

 

 

これは、損害保険料算出機構が昨年7月に行った「参考純率」の改定を受けたもので建物の構造や地域によっても異なりますが、火災保険料は全国平均で2~4%の値上げとなる見込みです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、これまで最長で36年の長期契約が可能だった契約期間も10年が限度となりますので、今後、土地活用や不動産投資で新たに物件を取得するオーナーは、新価格での保険加入には十分留意する必要が生じます。

 

 

 

gurafu

 

 

 

今回の火災保険料改定の背景には、大型台風やゲリラ豪雨、雪災など、さまざまな異常気象で建物が甚大な被害を受け、それに伴い保険金の支払いが増加していることがあるようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

同機構によると、台風被害による保険料支払額は、1989~2003年度の平均800億円から 04~12年度は1000億円に増加。

また、台風以外の被害についても07~09年度の累計約500億円から10~12年度には 約1400億円になったとのこと。

 

 

 

忘れ物

 

 

 

この他、水道管等の破裂により生じた漏水事故による保険金支払いも、 前回改定前と比べて約4倍に増加しているとのこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、2017年以降には、火災保険とセットで加入する地震保険についても段階的な値上げが予定されており、すでに全国平均で19%の値上げが決定し、南海トラフ地震などの巨大地震の発生が想定されている 太平洋側の一部のエリアでは、最大50%の値上げも検討されているそうです。

 

 

 

自然2

 

 

 

社会人になって間もない頃、「危機という漢字の『機』は、 機会の『機』なんだよ」某メーカーの創業者から教わったことがあります。

その時は何にも判らなかったのですが、成程、窮すれば通ず、人間は危機に真剣に向き合うと活路が開ける事が往々にしてあるものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

弊社では、経験豊かなスタッフがお客様の問題解決へのお手伝いをさせて頂きます。

お気軽にご来店ください。

 

 

IMG_1116

 

 

 

 


Copyright c 2014 アールフィールズ株式会社 All rights reserved.

Fudousan Plugin Ver.1.7.0