インフォメーション

首都圏の新築一戸建て、平均価格再び上昇!?

中古不動産再生事業のアールフィールズ㈱です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東京カンテイから2015年9月の主要都市圏・主要都市別の新築一戸建て住宅平均価格動向が発表されました。

 

 

 

関心

 

 

 

調査対象は、敷地面積100~300平方メートル、最寄り駅からの所要時間が徒歩30分以内かバス20分以内、木造、土地・建物ともに所有権の物件だそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

首都圏の新築戸建ての平均価格は、3,346万円(前月比0.1%増)。

 

 

 

売上アップ

 

 

 

地域別では、東京都が4,404万円(同2.9%増)で2ヵ月連続の上昇。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一方、神奈川県は3,688万円(同0.5%減)と3ヵ月ぶりに下落、千葉県は2,759万円(同0.9%減)で5ヵ月連続、埼玉県は2,952万円(同0.9%減)で2ヵ月連続の下落となっています。

 

 

 

gurafu

 

 

 

マンションもそうですが、東京都が引っ張るようなかたちで平均価格を上げていますね。一極集中?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この時期に都内の一戸建ての購入を検討されている方には色々と悩ましい時期かもしれません。

 

 

 

比較

 

 

 

弊社では住宅ローン等の相談にも応じております。

 

 

 

 

是非お気軽にご来店ください!

 

 

 

 

 


Copyright c 2014 アールフィールズ株式会社 All rights reserved.

Fudousan Plugin Ver.1.7.0