インフォメーション

想いはあるか

賃貸経営コンサルティング、空室改善リフォーム、24時間管理のアールフィールズ(株)代表の野田です。

 

まだまだ寒さ厳しい季節ですが昨日は建物管理の件でご相談頂きました。

 

ご相談の冒頭、「結果が全てだから」というお話を頂き、正直最初は何の事か解りませんでした。

よくよくお話を聞いてみると、以前のお付き合いの業者が清掃後、クオリティを低い事を指摘すると、

技術的な言い訳を繰り返し、やり直し作業をしないとの事。

 

開き直って「うちでは出来ないから他社でやってくれ」と言われ、

挙句の果てに一方的に請負金額の半額を持ってきて返金するという。

 

お客様はお金が惜しい訳ではなく、支払った以上は納得いくクオリティでやって欲しかったとの事でした。

 

「言い訳は良いから結果として汚いのだからやり直して欲しい」

その様な思いをされたご経験から冒頭の言葉に繋がった様です。

 

様々な経緯が予測されますが、私も仕事柄色々な業者とお付き合いさせて頂き、似た様な経験を沢山してきました。

 

クオリティにこだわり、「ここはこういう意図でわざとこの様にしてる」という「意見・見解」を述べるのではなく、

とにかく「ケチをつけられた」という受け止め方しか出来ない人がいます。

 

だから全てもっともらしい技術論で言い訳する。

 

そんな言い訳ばかりをするからこちらが理詰めで説き伏せるとやっと観念する。

その頃には指摘したこちらが悪いかの様な態度を取り、陰で「二度とあんな所の仕事はしない」とか言う。

 

突き詰めてみれば「そんなに利益を出してないからやり直しにかかるコストが勿体なかった」と言うのが殆ど。

 

情けない・・・

 

クオリティにこだわるのがプロじゃないのか?

 

指摘される事が悔しいのは自分の腕が未熟だった事に関してじゃないのか?

薄利多売の商売をするなら利益0になるリスクも背負って商売しろよ。

やればやったで恩着せがましく「やってあげたじゃないですか」とか平気で言う。

 

お客様も「良い業者が居なくなった・・・」と嘆いており、私も聞いていて同じ様に見られるのではと悔しい気持ちになりました。

 

弊社の施工も決して完璧ではない。

とんでもないクレームが出る事も有り、言いがかりの様な話もある。

完全な言いがかりやタカリ目的なら徹底的に戦うが、そうでなければ涙を呑んで悔しさをバネにレベルを上げる。

 

そういう会社でありたい。

 

他責ではなく、自責の出来る人間でありたいと思います。

 

間違ってもお客様がケチだとか、お客様がおかしいとか考えない。

 

「一円でももらったらプロ」どうしてその様な事になってしまったのか、

自分の落ち度は?相手の満足はどこにあるのか?

真剣に考えます。

 

そして間違ってもふて腐れたり、相手に二度と近づかない様な事はしたくない。

もう一回チャレンジして堂々と前回の分を取り戻そうと考えます。

 

「信用を得るのは一生、信頼を失うのは一瞬」

 

仕事が例え薄利ではあっても、仕事に「想い」があれば そうはならない。

どんな小さな仕事にも想いとプライドを持っていきたいと思います。

 

1940068_422797517854450_88663460_n


Copyright c 2014 アールフィールズ株式会社 All rights reserved.

Fudousan Plugin Ver.1.7.0