インフォメーション

消費税増税に伴う賃貸借契約について

賃貸経営コンサルティング、空室改善リフォーム、24時間管理のアールフィールズ(株)代表野田です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日はまた寒さがぶり返してきました。体調管理が大変です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はやいものでもう3月です。刻々と消費税増税が近付いています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

弊社にも多少ではありますが増税前の駆け込み需要が感じられるようになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は消費税増税に伴う賃貸借契約について発生したトラブル事例をご紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

増税に関するトラブルというより今回の増税による消費税額の変更によって判明したトラブルです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

入居時から現在まで家賃をオーナー様に直接振り込む形で管理が行われていた物件でした。

(前管理会社より事務手続き、契約行為だけを管理会社で行う形)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回、原契約に基づき賃料変更のお知らせを通知したところ、賃借人様より

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「金額が少ないのではないか?」というお問い合わせが届きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大変正直で誠実な方ですが、何度計算しても間違いではありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

改めてこちらから確認したところ、そもそも支払っていた金額と契約金額が違ったのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ずっと多くお支払い頂いていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

過去の過払いを計算すると何十万にもなってしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

管理会社が間に入っている場合はすぐにでも修正出来たのでしょうが直接入金でオーナー様が管理されておりオーナー様も全く気付いていなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「どうしたら良いだろうか?」とオーナー様もお困りの様子。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結論から言いますとこれは早急に返還しなければなりません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「悪意」はないにせよ、法律上はオーナー様の「不当利得」という位置付けになり、最悪の場合利息を付けて返還する事になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん当事者間同士の話し合いで済めば一番良いのですが、まず、早急に正直に申し伝える事が最優先です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もし解っていて伝えない、もしくは誤魔化した場合、明らかに「悪意」となります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「悪意の受益者」は利息を付けて返還しなければならなくなり損失が大きくなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この様に何年も前に行った契約を今回の消費税増税をキッカケに改めて見直してみると不都合な事実が発覚する場合があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それは当時の契約がいい加減であったり、本人の記憶や思惑と契約内容が全く違っていたり様々です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

賃貸借契約も立派な契約行為です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

慎重に、正確に行い、オーナー様も業者任せにせずしっかり確認・管理しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして不都合な事実や、現実に沿っていないものが発見されたら早急に賃借人様と協議し、正確かつ正直なものに切り替えていきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

多少、損害が発生する場合もありますが、将来に対するリスクヘッジとして取り組んでいく方が得策です。

 

 

 


Copyright c 2014 アールフィールズ株式会社 All rights reserved.

Fudousan Plugin Ver.1.7.0