インフォメーション

満室経営のススメ3(何の為の賃貸経営か考える)

賃貸経営コンサルティング、空室改善リフォーム、24時間管理のアールフィールズ(株)です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一般的に「マンションを所有している人」=「お金持ちの人」と思われています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

確かに困窮することはないかもしれません。

 

 

 

 

 

しかし、私の知っている限り「贅の限りを尽くす」様な生活をしている人はあまりいないような気がします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「資産はあるけど現金はない」という方も少なからずいらっしゃるかと思います。

 

 

 

 

 

賃貸経営を開始する動機は様々です。

 

 

 

 

 

先祖代々の土地を守りたい。会社経営の利益を固定収入に回したい。資産形成をしたい。

 

 

 

 

 

中には銀行に勧められたから、ゼネコンに勧められたから、ハウスメーカーに勧められたから、相続対策の方もいらっしゃるかと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、動機や現実は様々でも目的は一つ「利益を生む事」です。

 

 

 

 

 

賃貸経営においては「家賃を1円でも多くもらう事」では無いでしょうか?

 

 

 

 

 

その為の「投資」だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、空室が多く、業績不振でご依頼頂くオーナー様の中にはごく少数ですが、今までと違うやり方に

 

 

 

 

「精一杯抵抗」する方がいます。

 

 

 

 

 

私には不思議で仕方ありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

事実をお伝えしても「それは違う」と言い切られます。

 

 

 

 

 

違いません。事実です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

データを基にお話ししても・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「そんなはずはない。」

 

 

 

 

 

話が進みません・・・

 

 

 

 

 

「とにかく客を連れてこい」・・・

 

 

 

 

 

私は魔法使いではありません・・・

 

 

 

 

 

固定概念を捨てて、一旦冷静に現状を見つめる所から始める方が良いかと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

賃貸経営は会社経営と同じです。

 

 

 

 

 

どの部門が赤字になっていて、どの社員に問題があって、どこの経費が掛かりすぎているのか、

 

 

 

 

徹底的に調べますよね。それと同じです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

飲食店を経営していて、「とにかく客を連れてこい!」って言いますか?

 

 

 

 

 

味の問題なのか、広告宣伝の問題なのか、場所か、ターゲット層か、一生懸命研究しますよね。

 

 

 

 

 

それと同じです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「迷ったら原点」という言葉があります。

 

 

 

 

 

 

原点に返って、自分のプライドや考え、やり方を優先するのか、「結果=利益」を優先するのか考えて見てください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私も物事の伝え方をもっと勉強します。

 


Copyright c 2014 アールフィールズ株式会社 All rights reserved.

Fudousan Plugin Ver.1.7.0