インフォメーション

マンション管理会社との契約期間と注意点

マンション管理会社との契約期間と注意点
不動産経営をする場合、オーナー自身の手間や労力を削減するために、マンション管理会社と契約して管理を一任するのが一般的な方法です。
しかし、管理会社に不満やトラブルがあった場合には、管理会社の変更も視野に入れなければいけません。

では、マンション管理会社との契約期間はどのようになっているのでしょうか。

マンション管理会社との一般的な期間は?

マンション管理会社との契約期間は、主に1~2年ごとの契約や更新が多くなっています。
ですが、何年といった制限がないので、5年などの長期に亘っての契約も可能です。

現在では法律上、自動更新ができなくなっているため、契約更新の際には、有効期間が満了となる日の3か月前までに書面をもって申し出る必要があります。
管理会社側から契約更新の申し出をする場合もあるのですが、申し出ない場合もあり、契約の有効期間を確認しておく必要があります。

契約期間で注意する点や契約終了の方法

マンション管理会社との契約期間が1年であれば、契約満了から3か月前に、更新するかどうかの通知や、申し入れによって、継続で更新するようになっていますが、トラブルがあった場合などは、解約通知書などで解約の申し入れをすることができます。

これは契約期間内でも申し入れることができます。
解約通知書には、契約所の第何条に基づいているのか、いつをもっての契約解除の申し入れなのかを明記して、日付、記入者などの記載をして、マンション管理会社へ通知します。

契約終了する時の注意点

契約終了時の違約金は、事前に契約した際の契約書に明記されています。
特定の期間内の契約が無かった場合や、途中で解約した際や、解約する場合は解約日の何日前までに通知する必要があるなどの、条件付きの内容が契約書には書かれているので、事前に知っておくことが重要です。

途中で管理会社を変更する場合も、解約と同じように一定の期間があったり、更新日のどれくらい前なのかなどによって、違約金の支払いがあるかどうかも変わってきます。



マンション管理会社との契約書などには、細かい規定などが多くあり、1度読んだだけでは理解できない場合もあります。
事前に契約を結ぶ時に、お互いで認識の違いや、トラブルがあった場合など、何かを想定した話をすることで、いざという時のトラブル回避になることもあります。


Copyright c 2014 アールフィールズ株式会社 All rights reserved.

Fudousan Plugin Ver.1.7.0