インフォメーション

アパートの管理会社を変更するには

アパートの管理会社を変更するには
アパートやマンションの賃貸運営には管理会社の存在が欠かせません。
もちろん手数料を払っているのですから、賃貸運営に必要な対応がなされているのか、それが適正な価格であるのかを知ることも大切です。

運営方針と合わない場合は、アパートの管理会社を変更するということもあります。
実際に変更するにはどのような手続きを取ったら良いのでしょうか。

管理契約をチェックする

管理会社の変更を検討する際、まずは既存の管理契約を確認しましょう。
管理の解約通知期間、管理の業務内容の範囲、鍵や書類等の受渡し状況について前もって確認しておきます。

アパート管理会社との契約解除できる期間は、契約満了の数カ月前に設定されていることもありますので注意が必要です。

管理会社を変更する際には、現在の賃貸運営の改善点、継続していきたい点などを整理するようにしましょう。

新しい管理会社を探す

アパートの管理会社はインターネットで調べることもできるため、ホームページ等をチェックしてニーズに合った会社を選びましょう。

入居率を高めるのはもちろん大切な要素ですが、階段や廊下、ゴミ捨て場といった共有部分が清潔に保たれているか、エレベーターや消火設備などの点検を行っているかなど、管理業務は多岐にわたります。
現地調査をしてもらうと共に、管理体制で問題だと思っている点などを伝えておき、方向性をすりあわせておきましょう。

1社に決めずに複数社から見積もりを取ることで、今後の賃貸運営のパートナーを探すこともポイントです。
なお、分譲マンションの場合は、管理組合、理事会等において意見を集約し、総会で決議する必要があります。

既存の管理会社に通知をする

新しい管理方針や管理費用が明確になったら、現在の管理会社に解約通知を行うことになります。

ここで注意が必要なのは、今後の管理方針等が明確になっていない時点で通知してしまうことです。
中には、非協力的な態度を取ってしまう管理会社があるかもしれません。

新しい管理会社やオーナー、入居者にとって不都合が生じないようにするためにも円満な引き継ぎをするように心がけましょう。

入居者に通知する

新旧管理会社の引き継ぎが終わったら、速やかに入居者へ通知をするようにしましょう。
管理会社の変更、家賃の支払い口座の変更、エアコンや換気扇といった設備の故障に関する問い合わせ先の変更といった、変更点をまとめて記載した手紙やチラシなどを作成し、共有部分の掲示板に貼る、またはポスティングしておくのも良いでしょう。



アパートの賃貸経営をするにあたって、管理会社との関係構築は非常に重要です。
管理会社を変更する場合には、スムーズな引き継ぎが大切になります。

入居率を上げ、資産価値を向上するためにも、日頃から賃貸運営やアパートの状況について、どのような改善点や問題点があるのかを意識するようにしましょう。


Copyright c 2014 アールフィールズ株式会社 All rights reserved.

Fudousan Plugin Ver.1.7.0