インフォメーション

マンションの管理会社を変更するには

マンションの管理会社を変更するには
現在マンションの経営・管理をされている方の中には、現状の管理会社の対応に不満を感じていらっしゃる方もいるかもしれません。
しかし、不満を感じてはいても、「そもそも管理会社の変更が可能なのかわからない。」、「どのような手続きが必要なのかわからない」という方も多いのではないでしょうか。

ここでは、マンション管理会社の変更の可否、実際の手続き内容等について説明いたします。
今後マンション経営を考えている方にも参考としていただければと思います。

マンションの管理会社は変更可能

端的に言いますと、マンション管理会社の変更は可能です。

オーナー様の中には、管理会社に不満を感じていても変更できることを知らない方がいらっしゃいます。
マンション管理を見直すことにより、より良い住環境の確保や管理の負担を減らすことができます。
また、資産価値の向上にもつながります。

管理会社に不満を感じているようでしたら、一度管理会社の変更を検討されるのも良いかもしれません。

変更の際は、理事会として手続きを行う必要がある

管理会社の変更は、オーナー個人の問題ではなく、マンションに居住する全員の問題です。
そのため、管理会社を変更するなどの意思決定は、理事会で行う必要があります。

また、不満点や改善したい部分などをより明確にするため、理事会を開くだけでなく、マンション住人へのアンケートを行うなど、より多くの意見を集めると良いでしょう。

管理会社の変更の手順や流れ

  1. 管理会社の変更を行うか、理事会での意思決定
  2. 新管理会社の選定
  3. 新候補会社による重要事項説明会
  4. 新管理会社の決定
  5. 現在の管理会社に対し解約通知
  6. 新管理会社との契約締結

管理会社変更の注意点

旧管理会社との解約が成立するまでに3ヶ月を要します。
通常、契約書に2~3ヶ月前の解約予告に関する記載がありますので、そちらを必ず確認するようにしてください。

また、新管理会社の候補となっている管理会社は、後に正式に契約を締結するかどうかに関わらず、重要事項説明会を開催する義務があります。
この重要事項説明会を開催するタイミングは、原則として総会決議前とされています。

その他にも総会が成立するための定足数などは、マンション毎の管理規約に規定されていますので、そちらも確認するようにしてください。



以上、マンション管理会社の変更手続きについて簡単にご案内させていただきました。
管理会社は、オーナー様にとっても、住居者にとっても重要なパートナーです。
ぜひベストパートナーを見つけてくださいね。


Copyright c 2014 アールフィールズ株式会社 All rights reserved.

Fudousan Plugin Ver.1.7.0