インフォメーション

マンションの共有部分の保険は誰が入るのか

マンションの共有部分の保険は誰が入るのか
居住スペースである専有部分には、所有者が火災保険や損害保険に加入するように、共有部分についても保険がありますし、加入を検討した方が良いでしょう。
とは言っても、共有部分はどのような保険に加入したら良いのでしょうか?
また、マンションは多くの人が住んでいることからも、共有部分は誰が契約者となるのでしょうか?

マンションの共有部分とは?

エントランス、共用廊下・階段、屋上など専有部分以外の建物部分のことを言います。
エレベーターやメールボックス、電気・給排水などの共用設備も含まれます。

ちなみに、ベランダやバルコニーは専有部分ではなく共有部分になります。

共有部分に保険が必要な理由

火災や地震、台風などの水害などはいつ発生するかはわかりません。
万が一の時に備えて、共有部分についても保険に加入しておくと安心と言えるでしょう。

もし保険に加入していない場合は、多額の損害費用が発生することもあり、復旧までに多くの時間を要してしまいます。

保険料を支払う人は?

分譲マンションの場合、共有部分の保険は管理組合が契約者となり、管理会社が保険に加入する場合がほとんどです。
保険料は組合員が管理会社に支払う、管理費の中に含まれます。

保険の種類

共有部分の保険の種類は様々あるため、マンションにとって必要な保険について検討を重ねた方が良いと言えるでしょう。

火災保険は火事などで建物が損害を受けた時、また自然災害による水害も火災保険でカバーされる場合があります。
マンション共有部分の欠陥や破損によって人を怪我させてしまった場合に適用される、「施設賠償責任保険」もあります。

また、専有部分からの水漏れ、ベランダから物を落として人に怪我をさせてしまったなど、日常生活において思いもよらない事故が起きてしまうことがあります。
このような賠償事故に備えておくのが「個人賠償責任保険」です。

さらに地震によって共有部分に火災が起きたとしても、火災保険ではカバーできません。
津波を起因とした火災についても同様です。
地震保険は単独で加入することができないため、火災保険とセットで加入し、万が一の時に備えます。



保険契約時には保険適用の範囲や、必要な特約または不必要な特約が付いていないかなど、契約書をきちんと確認しましょう。
保険に加入する際には管理組合で検討を重ねることが必要になりますが、プロである保険会社やマンション管理士に相談するのも方法の1つに加えても良いかもしれません。

もしもの時を考えると、共有部分についても保険で備えておくことが必要かもしれません。


Copyright c 2014 アールフィールズ株式会社 All rights reserved.

Fudousan Plugin Ver.1.7.0