インフォメーション

マンションの騒音問題に管理会社が対応すべきこと

マンションの騒音問題に管理会社が対応すべきこと
マンションやアパートで必ずと言っていいほど発生する騒音問題は、居住者にとって重大な問題であると同時に、マンション管理者としても対応が難しい問題です。
ここでは、管理会社としてどのような対応をすれば良いのか、一般的な対応法をご紹介いたします。

居住者から騒音についての相談があった場合

本人はなかなか気にしない生活上の音ですが、場合によっては周りの人にはとても気になるものであることがあります。
時にはそれが原因で、ストレスなどにより心身に影響がでてしまう場合もあるでしょう。

住人から騒音についての相談があった場合、まず大切なのは、騒音状況について詳しくヒアリングをすることです。
発生時間、どのような音なのか、どのくらいの時間音がしていたかなど、わかる範囲で詳しく聞き取ります。
そうすることで、騒音元がはっきり分からない場合にも手がかりとなります。

また、入居者同士の直接のやり取りはトラブルに発展する可能性があります。
そのためできる限り管理者が間に入る形になるよう心がけましょう。

管理会社の対応方法は大きく2つ

1.まずは、紙面での注意喚起を行います。

「お知らせ」として全入居者に注意書きの紙をポストに投函します。
掲示板がある場合はそちらにも掲示をしましょう。

クレーム元の特定がされないよう、まずは全住居者対象にお知らせを行います。
一般的な文面としては、「入居者の方から騒音の苦情がありましたので、お心当たりがある方はご協力をお願い致します。」などといった内容が良いでしょう。

2.騒音の発生者に直接注意を行う。

紙面での注意喚起を行っても改善されない場合、直接騒音当事者に電話等で騒音に対するお願いをしていきます。

直接注意を行う際、事前に騒音被害を訴えてきた方へ、当事者に連絡を入れる旨の了承をいただきます。
というのも、直接注意連絡を入れる際に、どの方からのクレームだったかそれとなく気づかれてしまう場合がほとんどだからです。

注意の連絡をする際も、紙面での注意喚起と同じ内容での連絡となります。

それでも解決しない場合は、当事者同士での解決をお願いする

紙面での注意喚起、直接注意が管理者側の主な対応となり、それでも改善されない場合、当事者同士での解決をお願いすることとなります。
その際、当事者同士ではトラブルとなることが多いため、管理会社が一緒に立ち会う場合もあります。



上記の対応をする際、実際の騒音がどのようなものなのか、事前に管理会社として確認をすることも大切となってきます。
どちらも大切な入居者さんですので、できる限りスムーズに問題解決をしたいものです。


Copyright c 2014 アールフィールズ株式会社 All rights reserved.

Fudousan Plugin Ver.1.7.0