インフォメーション

マンション管理に必要な設備点検とは

マンション管理に必要な設備点検とは
日々多くの人が生活を営むマンション。
そんなマンションで安心した毎日を過ごすためには、建物・設備の定期的な点検が必要不可欠です。

ここでは設備点検の種類から、法定点検にはどのようなものがあるのか、ご紹介します。

マンションに義務付けられている設備点検とは

マンション管理における設備点検には、日常点検、定期点検や、臨時点検などいくつかの種類があります。
その中で、法律によって定められている点検を「法定点検」と言います。

法定点検の内容と点検の頻度

法定点検には、対象の場所によって、建築基準法や水道法、消防法など、該当する法律がそれぞれ異なっています。
また、この法定点検は有資格者により行われる必要があり、それぞれ実施する時期が決まっています。

法律によって検査回数や時期が決められているため、それにそって行う必要があります。

下記、法定点検の一部となります。

建築基準法

●特殊建築物定期調査
建築物の敷地、構造及び建築設備の調査(3年に1回)

●建築設備定期検査
換設備、排煙設備、非常用の照明装置、給水設備等の検査(1年に1回)

●昇降機定期検査
昇降機(エレベーター)の機能全般の点検。
エスカレーターがある場合はこれも含まれる(1年に1回以上)

水道法

●簡易専用水道管理状況検査
水槽の有効容量10m³を超える施設(水質検査:1年以内ごとに1回)(水槽の掃除:1年以内ごとに1回)

●専用水道定期水質検査
水槽の有効容量100m³を超える施設(水質検査:月1回)(水質や残留塩素の検査は毎日)

消防法

●消防用設備点検
消火器や消火栓、火災報知機、ガス漏れ警報器などの消防設備に関する設備点検(総合点検は1年に1回、機器点検は半年に1回)



上記の法定点検のみならず、入居者に安心して暮らしていただくためには、日常的にきちんと点検を行い、事故のない安全な設備・建物を保つ必要があります。


Copyright c 2014 アールフィールズ株式会社 All rights reserved.

Fudousan Plugin Ver.1.7.0