インフォメーション

マンションの専有部分と共用部分の違いとは

マンションの専有部分と共有部分の違いとは

マンションには、専有部分と共用部分があります。
どのような点に違いがあるのかを見ていきましょう。

マンションの専有部分と共用部分とは?

一般的にマンションは、一棟につき複数の人が住んでいることから複数の所有権が設定されていると考えることができます。
このような建物のことを「区分所有建物」と言い、所有している権利のことを「区分所有権」、さらに権利を持っている人のことを「区分所有者」と言います。

マンション(区分所有建物)は専有部分と共用部分で成り立っており、「区分所有建物=専有部分+共用部分」と表すことができます。
マンションの専有部分とは、個々人が居住している部屋(住戸)のことを指します。

一方、共有部分は、エントランスやエレベーター、各住居までの通路である廊下や階段などが挙げられ、法定共用部分と言われています。
また、マンションの居住者のみが使えるゴミ捨て場や駐車場や駐輪場、管理人室や集会場なども共用部分であり、こちらは規約共有部分と言われています。

専有部分と共用部分の境界線とは

基本的には、専有部分以外は共有部分となりますが、具体的にどこが共有部分になるのかはマンションによって異なります。
これは管理規約において規定されており、管理組合の集会によって決めていくものとされています。

規約によって明確に区分しておかないと、故障や修繕の際に、誰のものであるのかが曖昧になってしまいトラブルの原因になってしまいかねません。

共用部分は誰のもの?

エレベーターの利用回数が1日3回までと決められている、夜間は廊下を歩いてはいけないというルールは基本的にありません。
このように、法定共用部分、規約共用部分の両方が原則として、そのマンションの区分所有者全員で共有することができます。

皆のものである、すなわち共有物であることから、管理規約における用法に従わない使用は許されません。
例えば、廊下に勝手に物を置く、屋上へ勝手に出入りするなどが挙げられます。

専有部分でも自由に使えないケースもある

なお、居住者に所有権のある専有部分だからといって、何をやっても良いということはありません。
ペット禁止なのに飼ってしまう、夜間にピアノなどの楽器を演奏するなど、隣人に迷惑をかけることは認められません。
これらの行為はマンションのオーナーにとっても、他の居住者の信頼を失いかねませんから、居住者に対してルールを徹底することも求められます。



マンションのオーナーは経営を継続させるために、つい家賃収入等の収益に目が向いてしまいますが、共有部分の管理も重要になります。
専有部分と共用部分の特徴を理解し、居住者が快適な住環境を提供できるように、管理組合との連携、運営をすることが求められます。


Copyright c 2014 アールフィールズ株式会社 All rights reserved.

Fudousan Plugin Ver.1.7.0