インフォメーション

マンションの修繕積立金と管理費の違いとは

マンションの修繕積立金と管理費の違いとは

マンションの購入者は、住宅ローンの支払いの他に、管理費と修繕積立費を月々支払わなければなりません。
これらはどのような場合に使われる費用なのでしょうか。

管理費とは?

管理費は、マンションの居住者に対して快適な住環境を提供すること、さらにはマンションの資産価値を高めるために必要な費用です。

例えば、共用部分である廊下や階段、ゴミ捨て場などの清掃。
この清掃費用や、清掃員の人件費は管理費に該当します。

また、最近は高層マンションが多く建築されており、特長も様々です。
24時間体制の監視カメラによる防犯対策、エントランスにはホテルのようなコンシェルジュが駐在しているなど、管理費の内容は多岐にわたります。

修繕積立金とは?

先ほどの管理費と同様に、修繕積立金も居住者に対して快適な住環境を提供することを目的とした費用になります。

積立てられた資金は、具体的には建物の外壁、廊下、エレベーターといった共用部分が破損した際の修理が必要になった際に使われます。

新築の時には修繕の必要性が低いですが、経過年数に伴って建物の老朽化は避けられません。
修繕を怠ったことで、壁の一部が剥がれ落ちたり、屋根が破損したりしてしまうと、資産価値が目減りするだけではなく、万が一そららが落下した場合は怪我の可能性もあり、大変危険です。

破損していなくても定期的なメンテナンスが必要であり、そのための費用が修繕積立金なのです。
なお、修繕積立金は「長期修繕計画」をもとに、マンションの販売会社から積立てる額の目安が提示されます。

管理費と修繕積立金の違いは?

管理費と修繕積立金は時間軸に大きな違いがあります。

管理費に充てられる清掃や受付業務というのは、基本的に毎日行うものであると言えます。

一方、修繕積立金が使われるのは毎日ではありません。
修繕は何年に1回、長い場合は何十年に1回という時間軸で行われるものであることからも、資金計画の立て方も違いがあると言えるでしょう。

特に修繕積立金は長期修繕計画をもとにして、積立金を検証する必要があります。
管理費は日常的な支出に充てる、修繕積立金はいざという時のために備えておくと言い換えることもできるのではないでしょうか。



管理費と修繕積立金は毎月一定額を管理組合に支払っていることからも、その違いがわかりにくいかもしれません。
前述のようにそれぞれ違う特性があり、さらに経理処理上もまったく別物として扱われています。
支払う金額につい目が行きがちですが、どのような用途で資金が使われているのかをチェックするように心がけましょう。


Copyright c 2014 アールフィールズ株式会社 All rights reserved.

Fudousan Plugin Ver.1.7.0