インフォメーション

マンションの管理会社と管理組合の違いとは

マンションの管理会社と管理組合の違いとは

マンションの維持や管理に欠かせないのが、管理会社と管理組合の存在です。
それぞれどのような違いがあるのでしょうか。

ここでは、マンションの管理会社と管理組合の役割や仕事内容について紹介します。

マンション管理組合の仕事内容

1人で一棟マンションを購入した場合を除き、マンションには複数の所有者がいます。
管理組合とは、マンションを購入した人(区分所有者)たちから構成されており、売却などでマンションを手放さない限り、組合員を脱退することはできません。

個々の居住スペースである専有部分の環境だけが保たれていれば良いかというと、それは違います。
マンションの資産価値を維持・向上させていくためには、共有部分の管理やルールづくりを理事会や総会を通じて決定していくことが必要になります。

管理組合は、区分所有者から管理費や修繕積立金を毎月徴収し、その資金を元に管理・運営しています。

マンション管理会社の仕事内容

マンションの管理会社は、マンションを維持・管理するための業務を管理組合から委託された会社のことです。
マンションの規模が大きくなると、管理組合だけで建物の管理・運営をしていくのは難しくなるため、専門知識をもった管理会社と契約し業務を委託するのです。

そのため、管理会社の仕事内容は多岐にわたります。

マンションの景観や衛生面を保つという観点から、共有部分である廊下や階段、ゴミ捨て場などの清掃業務があります。
建物の安全安心を維持するという観点から、エレベーターや消防設備、貯水タンクなどの共有設備の点検業務もあります。

また、管理組合をサポートする業務もあります。
具体的には会計業務、マンションの理事会、総会時の運営を補助する役割も担うケースがあります。

管理組合員は理事会を開催

いつも管理組合員全員が集まって話し合うのは大変ですし、現実的ではありません。
そこで組合員の中から代表者として理事を選び、定期的にマンションの管理や運営について話し合う理事会を行います。

理事会では、居住者が他の居住者に迷惑をかけていないか、ルールを守っているか、管理会社による清掃や設備等の点検が適正に行われているか、またその管理費が適正であるのかなどが話し合われます。
理事会は、現在の状況を確認し、改善点や問題点など組合員の意見や要望を集約し、管理会社へ伝えるという橋渡しのような役割を担っています。

総会をもって決議

理事会で話し合われた内容は、総会をもって決議されます。

総会は、年に1回行われる定時総会と緊急時に開催する臨時総会があります。
定時総会では、管理費や修繕積立金といった収支の報告や事業報告をはじめ、理事の選任も総会で行われます。



管理組合は管理会社に管理費として月々支払いをしています。
マンションの管理組合と管理会社は、ビジネスのパートナーとしてお互いにマンションの維持管理をしていくために、問題解決意識を持つことが必要と言えるでしょう。


Copyright c 2014 アールフィールズ株式会社 All rights reserved.

Fudousan Plugin Ver.1.7.0