インフォメーション

マンション管理の全部委託と一部委託の違いとは

マンション管理の全部委託と一部委託の違いとは

管理会社に業務を委託する場合、全部委託または一部委託を選ぶのが一般的です。
それぞれどのような特徴があるのかを紹介します。

マンション管理における全部委託と一部委託とは

全部委託とは、マンションの管理業務を1つの管理会社に全て委託することを言います。
管理会社に委託する業務として、日常の清掃業務、エレベーターや消防設備などの点検業務などがあります。

管理運営においては法律の知識が必要になったり、換気ダクトや配水管など専門的な清掃技術が必要になったりすることもあります。
このような場合においても、管理会社を仲介して専門業者と契約することになります。

一方、マンションの管理業務の一部を管理会社に委託する、一部委託という方法もあります。
一部委託は、管理組合ができる業務は管理組合が担い、専門的な知識や技術が必要になる場合など管理業務の一部を委託します。

全部委託のメリットとデメリット

管理会社に全部委託することのメリットは、一括で管理に関するあらゆることが対応してもらえるため、非常に効率が良いと言えます。
管理業務をトータルでサポートしているため、管理会社のノウハウや情報量が多いこともメリットです。

また、窓口が1つの管理会社に絞られるため、専門業者への再委託時も管理組合の負担が少なくなります。

しかし、管理会社が専門業者に再委託する際の手数料など、幅広いサポートを受けられることからも、費用が多くかかってしまう点がデメリットと言えます。
管理業務の中で、必要性が低い業務も契約の中に含まれている可能性があります。

従って、委託するべき業務を見極める必要があります。
また、全部をお願いしているという安心感から、管理組合がマンションの改善や問題点を見落としがちになることも考えられます。

一部委託のメリットとデメリット

管理組合ができる範囲で管理業務を行うことから、全部委託に比べてかかる費用が少なくなることがメリットと言えるでしょう。
マンションによって必要な管理業務は違うため、ニーズに合わせて委託業務を選択することができる点も、一部委託の良い点です。

しかし、管理組合が自主的にマンション管理に携わらなければいけないため、管理意識が高まる反面、負担が増えることは避けられません。
また、理事会のメンバーが替わることで、マンションの管理体制に対する考えも変わる可能性があります。
こうしたことから、安定した管理体制を維持することが困難になるケースも考えられます。



マンションの居住者が月々支払っている管理費から、管理会社への委託業務の支払いが充てられています。
全部委託と一部委託はそれぞれメリット・デメリットがあるため、マンションの管理体制や実態に合わせて管理会社を選ぶようにしましょう。


Copyright c 2014 アールフィールズ株式会社 All rights reserved.

Fudousan Plugin Ver.1.7.0