インフォメーション

資産価値の下がりにくいマンションの条件とは

資産価値の下がりにくいマンションの条件とは

マンションの築年数が少ない方が、資産価値が高くなると思われるかもしれません。
しかし、築年数が経過していても資産価値が高い物件も多くあります。

資産価値を下げないための条件とはどのようなものがあるのでしょうか。

マンションの資産価値とは

マンションは自分で住むために購入するだけではなく、家賃収入やマンションの売却によって収益を得るという不動産投資用に保有する場合もあります。
後者の場合、より高い家賃を設定することができる、高い金額で売却することができるといった収益性の高さが「資産価値が高い」と言い換えることができます。

資産価値を下げない条件1

人気のあるエリアに立地している

マンションがどこに立地しているかが非常に重要です。
間取りや設備は後から変更することもできますが、周辺環境を自力で変えるのは不可能です。

首都圏、大阪、名古屋など大きな街は、人口も多いですし、企業も多くあるため、マンションを購入する人のニーズが高いと言えるでしょう。
駅やバス停が近い、複数の電車が乗り入れているなど、通勤の利便性が高いと資産価値向上のポイントとなります。

そのため、購入時の事前調査をしっかり行いましょう。
人気の街は不動産情報サイトでも公開されているため、参考にすると良いでしょう。

資産価値を下げない条件2

生活に便利な設備がある

マンション周辺にスーパー、銀行、病院など、生活する上で欠かせない施設があることも資産価値に影響を与えます。

ファミリー層であれば、幼稚園、保育園や学校などの教育施設が近所にあると便利です。
シニア層であれば、病院などの施設が求められるでしょう。

年齢層によって、求める施設のニーズが異なるため、ターゲットとする世帯を明確にしておくのもポイントの1つです。

資産価値を下げない条件3

管理体制が整備されている

マンションの資産価値を維持するためには、管理会社による管理体制も重要になります。
管理組合員だけでマンションを維持管理するのは、時間も労力もかかるため大変です。

日常の清掃や定期点検などが定期的に行われていることは、資産価値維持のために必要不可欠になります。
月々支払っている管理費や修繕積立金がきちんと管理されているか、その金額が適正であるかをチェックするようにしましょう。

資産価値を下げない条件4

災害リスクが低い

日本は地震、台風、雪など自然災害の多い国です。
さらに、東日本大震災の発生以降、防災に対する意識が高まっているため、建物の耐震・耐火構造が備わっていることは資産価値のポイントになるでしょう。

また、マンションが立地する場所の地盤の強さや、標高の高さ等も資産価値に影響を与えます。
以前は川や海だったところが埋め立てられている、近くに川、山、崖がある場合は、大きな自然災害があった時に影響を受けかねません。

このようなリスクに備えて、防災訓練や緊急時の避難経路などが、管理組合が中心となって整備されていると安心です。

資産価値が下がることのリスクとは

マンションの資産価値が下がるということは、「物件に対する魅力が落ちている」と言い換えることもできます。
立地、間取りや設備など、物件に魅力が低いと、居住者が集まらないという空室リスクが発生してしまいます。

場合によっては家賃を下げなければ居住者が集まらないという事態も考えられ、得られる家賃収入が減ることで不動産経営が厳しくなってしまいます。
また、売却したくても買い手が見つからないというリスクが生じてしまいます。



どこにマンションを購入・建築するのかは非常に重要なポイントです。
また、購入後も居住者のニーズに合わせて設備を完備するなど、資産価値向上のためにできることも多くあります。
資産価値が下がる要因となるリスクをしっかり把握し、維持管理することが求められると言えるでしょう。


Copyright c 2014 アールフィールズ株式会社 All rights reserved.

Fudousan Plugin Ver.1.7.0