インフォメーション

マンションにおける防水工事の必要性

マンションにおける防水工事の必要性

マンションを維持・管理していく上で欠かせないのが、防水工事です。
マンションの防水工事の必要性について考えてみましょう。

マンションの防水工事とは

天井から水が漏れてきた、壁に水がしみてきている。
このようなトラブルがあった場合、居住者の生活に支障をきたすだけではなく、状態によっては大規模な修繕をしなければならないということも起こりかねません。

マンションの防水工事では上記のようなトラブルを未然に防ぐために、防水効果のある塗料を塗ったり、素材を貼ったりするなどして、雨などが建物に入り込まないようにします。
防水工事は屋上やバルコニー、ベランダなどの場所が対象となっています。

マンションの防水工事の必要性

マンションの屋上や外壁は常に雨や風にさらされています。
夏は台風や強い紫外線、冬は雪が降る地域もあるため、年中天候の影響を受けると言えるでしょう。
また、空気中には目には見えないチリやゴミも含まれているため、建築年数の経過に伴う劣化は避けられません。

建物の材質も劣化が進み、目には見えなくても亀裂やヒビが入っていることもあるため、その隙間から雨が入ってしまうことも考えられます。
防水工事は雨水を防ぐだけではなく、内側にあるコンクリートや鉄筋部分を劣化から守る役割もあります。

防水工事の頻度

雨や風にさらされる頻度、太陽光が当たる時間の長さによって、外壁の劣化にも違いが出てきます。
従って、マンションが立地している環境によって、防水工事の頻度にも差が出てくると言えるでしょう。

また、防水工事に使用する塗料や材質によっても耐用年数が変化します。
木造、鉄筋など、マンションの構造によっても適切な防水工事が変わってきます。

防水材の耐久年数が10年から15年が最も多いとされています。
防水対策はもちろんですが、建物の維持やメンテナンスの観点からも10年に一度は防水工事を行うことを目安にすると良いでしょう。

防水工事のメリットとデメリット

新築時同様とはいかないまでも、防水対策を行うことで資産としての価値を維持することができるのが大きなメリットと言えます。
しかし、防水工事と言ってもマンションの構造にあった工事の種類、使う材料を選択する必要があります。

さらに工事にかかる費用も幅があると言えるでしょう。
マンションの構造によって適切なものを選ぶのは、素人では困難なのがデメリットと言えるでしょう。
防水の材質によっては、工事中の臭いが気になったり、工事が長期にわたる場合もあります。
専門業者も多くあるため、インターネットでの情報収集、複数社から見積もりを取るなどして、予算やニーズに合わせた防水工事を選びましょう。



防水対策を怠ると、結果として多額の費用、多くの時間を要してしまうことも考えられます。
定期的に防水工事の有無について点検したり、メンテナンスを行った方が結果的に費用を押さえることに繋がります。
建物としての資産価値を下げないためにも、早めに防水対策を立てるようにしましょう。


Copyright c 2014 アールフィールズ株式会社 All rights reserved.

Fudousan Plugin Ver.1.7.0