インフォメーション

ペット可の物件の原状回復費の負担について

ペット可の物件の原状回復費の負担について

最近、ペットブームもあって室内でペットを飼う人が増えています。
また、このような背景から、ペットを家族の一員のように大切にしている人が多くみられますね。

ペット可の賃貸物件において、原状回復費の負担はどのような扱いになるのでしょうか。

ペット可の賃貸物件における原状回復費の取り扱い

ペット可の賃貸物件においても、基本的には通常の賃貸物件と同じと言われています。

従って、賃借人が退居する時に、借りた時と同じ状態にする義務を追うことになります。
しかし、経年劣化による損耗については考慮しなければならないため、賃借人は借りた当時と全く同じにして退居する必要はありません。

ペット可のマンションでは、ペットが一緒に生活することが前提になっていますから、ペットがつけたキズや汚れは、通常の使用の範囲とされるため、賃借人ではなく賃貸人が原状回復費を負担することになります。

借り主に原状回復費の負担を要求できる範囲

ペット可の賃貸物件の場合、経年劣化や通常損耗による原状回復費は賃貸人が負担することになりますが、賃借人が基本的なペットのしつけをすることが大前提となっています。
この前提が守られず以下のような状態の場合、借り主が原状回復義務を負う場合があります。

こういった通常の損耗を超えた汚れやキズ、ペットの排泄物による臭いなどは、他の住民にも迷惑がかかってしまいます。

ペット可のマンションにかかる原状回復費

ペット可の賃貸物件は、次の入居者が決まった場合、かならずハウスクリーニングをする必要があります。
これは、ペット特有の臭いの除去はもちろんのこと、感染症等のリスクを防ぐために消毒が必要になるからです。

この費用は一般的に、借り主が負担することが多いと言えます。
ペット可の住居は、原状回復に際して通常の住居と違う費用も発生するため、その点も踏まえて家賃を設定する必要があると言えるでしょう。

賃貸人としてあらかじめできる対策は?

ペットと言っても、鳴き声が気になるもの、大型小型など種類が様々あります。
入居時に借り主がどのようなペットを飼おうとしているのかを、事前に知っておくようにしましょう。
ペット飼育におけるルールを作り、居住者に徹底してもらうように周知することも重要です。

また、退居時のトラブルを避けるためにも、入居時の契約書にペットに関する事項をしっかり記載しておきましょう。
退居時のクリーニング費用や修繕費用は通常の賃貸より費用が多くかかります。
そのため、敷金や月々の家賃を通常より高めに設定することも検討する必要があります。

また、事前にフローリングの上にキズや汚れに強いシートを貼っておくなど、内装を工夫することで損耗を抑えられます。



ペットと一緒に住みたいというニーズはあるものの、実際はペット可の物件が少ないのが現状です。
他の物件との差別化になるため、入居率を高める方法の一つではありますが、メリットデメリットを把握してペット可の賃貸経営をする必要があると言えるでしょう。


Copyright c 2014 アールフィールズ株式会社 All rights reserved.

Fudousan Plugin Ver.1.7.0