インフォメーション

原状回復費はどっちが負担?(畳・床・フローリング)

原状回復費はどっちが負担?(畳・床・フローリング)

退居時のトラブルの原因になりがちな、原状回復費の費用負担。
居住者の生活スタイルや期間によって、畳、フローリングなどの損耗に差があります。

これらの原状回復費は賃貸人、賃借人どちらが負担するのでしょうか?

原状回復費とは

国土交通省が公表している原状回復ガイドラインによると、「賃貸人の居住、使用により発生した建物価値の減少のうち、賃借人の故意・過失、善管注意義務違反、その他通常の使用を越えるような使用による損耗・毀損を復旧すること」と定義されています。

しかし、原状回復と言っても、借りた当時の状態のようにきれいに戻さなければいけないということではありません。
また、時間の経過に伴って劣化してしまった部分については、賃料に含まれることとされています。

畳の場合の原状回復費負担はどちらが負担?

畳が太陽光に当たって色あせてしまったり、畳の上を歩くことで磨耗され劣化することは、日常の生活の範囲で起こりえることと言えるでしょう。
このような経年劣化による損耗は、賃貸人が原状回復費を負担することとなります。

また、次の入居者の確保のためにも、破損していなくてもメンテナンスする必要があると言えます。
従って、床はそのままで畳の表面部分を裏返しにしたり、畳の表面部分を交換する表替えの作業は賃貸人が負担します。

しかし、賃借人が故意的に使用したことで損耗してしまった場合は話が変わってきます。
例えば、こぼした食べ物や飲み物を放置したことで汚れやカビが発生してしまった、賃借人の不注意で窓を開けたままにしてしまい、畳に雨水がかかってしまったなどのケースは、賃貸人は賃借人に費用を請求することができるとされています。

フローリングの場合の原状回復費はどちらが負担?

フローリングも畳と同様に、汚れやキズは蓄積されていきます。
室内を歩くことによって磨耗し、色落ちやワックスが剥がれてしまうなどの劣化が考えられるでしょう。

また、家具を置くことで設置跡がつくことも、普通に日常生活をしていれば起こってしまうことと考えるのが自然です。
従ってこれらの費用負担は賃貸人が負うのが一般的です。

また、日常の掃除に加えて、フローリングのワックスがけをすることまで賃借人に義務を負わせることは難しいでしょう。
ワックスがけは物件の維持管理の側面が強いことから、賃貸人が負担することが妥当であると考えられています。

なお、賃借人が負担するケースとしては畳と同様に、故意的または過失があった場合です。

例えば、冷蔵庫は湿気がたまりやすいため、カビが発声しやすい場所です。
こまめに拭き掃除をしていればカビを除去することができたのに、放置したことで床を劣化させるまでに発展してしまうと、賃借人が負担することになるでしょう。

また、引っ越し時に運搬作業で床を傷つけてしまったり、お子さんが落書きしてしまったなどのケースも賃借人が費用負担することになります。



故意的にできたキズや汚れなのか、経年劣化によるキズや汚れなのか、判断が難しいこともあるでしょう。
国土交通省が公表しているガイドラインには、「入退居時の物件状況及び原状回復確認リスト」のサンプルも掲載されています。
万が一トラブルが発生してしまったとしても、証拠資料として迅速な解決にも結びつくと考えられますから、参考にすると良いでしょう。


Copyright c 2014 アールフィールズ株式会社 All rights reserved.

Fudousan Plugin Ver.1.7.0