インフォメーション

タバコによる原状回復費の負担について

タバコによる原状回復費の負担について

タバコによって賃貸している部屋が汚れてしまった場合、原状回復の費用は貸主、借主のどちらがどのくらい負担する必要があるのでしょうか?

タバコの影響は汚れと臭いだけではない?!

部屋の中でタバコを吸うと、部屋中ヤニで汚れてしまいます。
タバコのヤニが少しずつ付着し、壁紙、天井、建具、畳などが徐々に茶色く変色してきます。
長年部屋の中でタバコを吸い続けていると、スプレー式の洗剤を吹きかけただけで、ヤニが溶け出して黄色い液体が垂れてくるほどになります。

また、タバコの臭いは部屋中に付いてしまいます。
最近は、タバコを吸わない人も増えてきているので、喫煙者の退去後に次の入居者がなかなか決まらないこともあります。

さらに、タバコによる焦げ跡も付いているかもしれません。

退去後の原状回復に必要な工事と費用

ヤニで汚れてしまった壁紙は、基本的にその部屋すべて張り替えになります。
たとえ、窓際で吸っていたなど、一か所だけに汚れが集中していたとしても、部分的に張り替えると色目が不自然になってしまうからです。

クロスの張り替えは平米単価1000円くらいが相場となっています。
また、臭いを取るためには、専門業者によるハウスクリーニングが必要になります。
クリーニングの費用は業者によって多少違いがありますが、1Kで2万円程度から、3LDKで5万円程度からが相場となっています。

タバコによる原状回復費、賃貸人と賃借人の負担割合は?

借主は退去するときに原状を回復する必要がありますが、経年劣化や通常の使用で発生する損耗については費用を負担する義務はありません。
しかし、タバコによる汚れは故意や過失によって生じたものと見なされるので、借主が負担する必要があります。

この場合でも、全額を借主が負担するのではなく、経年劣化や通常使用による損耗分は貸主が負担することになります。
ですので、タバコによる原状回復義務がある場合、入居年数が長いほど借主の負担の割合を減らすのが一般的です。



タバコによる汚れや臭いは、原状を回復するために貸主にも費用が発生します。
そのため、契約を結ぶときに作成する重要事項説明書に、特約事項として「タバコのヤニによる補修費用は借主の負担である」ということを明記しておくと良いでしょう。
マンションは大切な資産ですので、きれいに使ってくれる人に貸すようにしたいものです。


Copyright c 2014 アールフィールズ株式会社 All rights reserved.

Fudousan Plugin Ver.1.7.0