インフォメーション

マンションの駐車場を賢く運用するには

マンションの駐車場を賢く運用するには

マンション駐車場の空き問題が多く見られるようになっています。
駐車場料金は、管理費や修繕積立金にも充てられるため、空き駐車場が増えると、マンションの維持管理に必要な費用が不足してしまうことにもなりかねません。

それではマンションの空き駐車場は、どのように運用していけば良いのでしょうか。

マンションの空き駐車場を賢く運用する方法

空き駐車場をそのままにしておいても収入にはなりません。
そこで、マンションの住人以外に貸し出すという方法があります。

その運用方法の一つとして、駐車場のサブリースが注目を集めています。
サブリースなら、サブリース会社に駐車場を一括で借り上げてもらい、長期的に安定した固定収入を得ることができます。

駐車場利用者の募集や管理業務もサブリース会社が行います。
また、一括で借りてもらっているので、たとえ駐車場が空きのままでも、サブリース会社からの支払いを受け取ることができます。

マンションの駐車場をサブリースするメリット・デメリット

マンションの住人以外に貸し出すためには、新たに利用規約を作成したり、募集をかけたりと多くの手間がかかります。
しかし、サブリースでは、外部貸出に関わる複雑な手続きや運用を、委託会社にすべてお任せできるのは大きなメリットだと言えます。

一方、駐車場のサブリースにはデメリットもあります。
自分で管理すれば、駐車場収入は全額手元に入るわけですが、サブリースでは、委託会社に費用を支払う必要があるので、収入を最大化することができません。
また、サブリースでは、契約もサブリース会社が行うので、マンション側では駐車場利用者を選ぶことができません。
駐車場の稼働率を上げるために、モラルの低い人に貸し出すことも考えられます。

駐車場を外部貸出するときの注意点

マンション駐車場を外部に貸し出すときは、外部貸出部分からの収入と、マンションの区分所有者からの収入を別々に経理処理する必要があります。
外部貸出は収益事業と見なされ課税対象になりますが、区分所有者からの収入は課税対象にはならないからです。

しかし、条件によってはマンションの駐車場全体が収益事業と見なされる場合があります。
国税局の見解では、外部利用者と区分所有者を区別することなく募集するなら、一般の有料駐車場のようなものと見なされ、駐車場全体が収益事業と見なされてしまいます。

一方、外部利用者と区分所有者の使用条件が異なっている場合、例えば、区分所有者からの利用申請があった場合、外部利用者は一定期間で明け渡さなければならないといった条件を付けるなど、区分所有者が優先になっていれば、課税対象になるのは外部使用の部分だけで済みます。



マンション駐車場の空き問題は深刻な事態になりかねません。
空いた駐車場を賢く運用するために、外部に貸し出すことを考えてみてはいかがでしょうか?
駐車場のサブリース会社も多くあるので、複数社から見積もりを出してもらい検討すると良いでしょう。


Copyright c 2014 アールフィールズ株式会社 All rights reserved.

Fudousan Plugin Ver.1.7.0