インフォメーション

マンション管理会社の役割とは

マンション管理会社の役割とは

マンションには、区分所有者が必ず加入する管理組合がありますが、管理業務を管理会社に委託しているマンションがほとんどです。
マンション管理会社はどんな役割を担うのでしょうか?

マンション管理会社の担う役

マンションの資産価値を守るために維持管理はとても大切です。
日常の清掃や設備の保守点検、防犯対策、共有部分の修繕、大規模修繕の計画、さらには会計処理など、マンション管理に必要な業務は多岐にわたります。

区分所有者で構成される管理組合の組合員は、別に本業を持っているのが普通ですので、マンションの管理にかかりきりになることはできません。
そのため、管理会社に業務を委託するわけです。

管理会社の業務は、管理組合と結ぶ管理委託契約書の内容によってにいくらか違いが生じます。
いずれにしても、管理会社はマンションの住人が快適で安心して暮らせるようにサポートする役割があります。

マンションの管理会社に委託する目的

マンションの維持管理には専門的な知識も求められます。
また仕事量も多く、管理組合のできる範囲を超えています。

比較的小規模なマンションであれば、管理会社に委託せず管理組合だけで、すべてを行うこともできなくはありません。
しかし、しっかりと維持管理できるかは、管理組合の理事の能力などによって大きく左右されてしまいます。
また、住人の意識が高くないと必要な修繕が行われなくなり、結果としてマンションの資産価値が減ってしまうことになります。

そのため、確実に必要な業務を行うために、また管理組合の負担を減らすために、マンション管理すべてを委託する全面委託という方式で管理会社に委託することが一般的です。

マンション管理会社の仕事内容

マンションの管理会社の役割として、管理委託契約書によって行う仕事の範囲は変わってきますが、標準的な契約では主に4つの分野を担当します。

1つ目は清掃業務です。
日常的な清掃に加え、ホールのワックスがけなどの特別清掃があります。

2つ目は建物や設備の管理業務です。
エレベーター、給排水、機械式駐車場、建物の点検などを実施します。

3つ目は、管理員業務です。
受付や、各種点検の立ち合い、報告連絡事務などを行います。

そして、4つ目は事務管理業務です。
基幹事務として管理組合の会計や、修繕の計画や実施の調整、基幹事務以外には理事会を支援したり、総会を支援する業務があります。

基本的には、住人同士のトラブルの間に入って仲裁することは業務に入っていません。
しかし、管理会社の役割は住人が快適に暮らせるようにサポートすることですので、相談に乗ったり、解決策を提案すること、トラブルについて管理組合に報告することは業務に含まれていると言えるでしょう。



マンションの維持管理は大切です。
しかし、その業務は多岐にわたり、とても別に本業を持つ素人ができる範囲ではありません。
管理会社に委託することで、管理組合の負担を減らすことができます。
マンションの管理を適切に行うことで資産価値を維持していくことが、マンション管理会社の大きな役割と言えるでしょう。


Copyright c 2014 アールフィールズ株式会社 All rights reserved.

Fudousan Plugin Ver.1.7.0