インフォメーション

マンションの外壁にひび割れや亀裂がある場合の対処法

マンションの外壁にひび割れや亀裂がある場合の対処法

建物の外壁にひび割れや亀裂が入っているのを見かけることがあります。
そのまま放って置いてよいものか、あるいはすぐにでも修繕を依頼したほうが良いのか迷うところかもしれません。

ひび割れ・亀裂の原因

マンションの外壁のひび割れや亀裂の原因は、外壁の種類によっていろいろ考えられます。

鉄筋コンクリートやモルタル外壁では、セメント、水、砂などを混ぜ合わせて乾燥させて使用しますが、乾燥するときに収縮するので、配合の割合によってはひびが入りやすくなってしまいます。

また、トラックの走行が多い国道沿いや、線路の近くでは振動によって亀裂が入ることもあります。
さらに、経年劣化による外壁材の変形や、施工ミスが原因の場合もあります。

ひび割れ・亀裂にはどのような種類があるか

マンションのひび割れや亀裂は「クラック」とも言いますが、まず、それが塗膜だけに発生している場合と、外壁材に入った亀裂が塗膜に現れている場合があります。

また、クラックは、一般的に四種類に分類することができます。
幅が0.3mm以下の細い亀裂が入る「ヘアークラック」、乾燥する過程で収縮することによる「乾燥クラック」、建物の欠陥や振動などによる「構造クラック」、そして施工を一気に仕上げず途中で中断するなどした、塗りつぎ部分に発生する「縁切りクラック」があります。

どのようなひび割れ・亀裂は危険なの?

ヘアークラックについてはホームセンターなどで購入できる補修材を使って自分で応急処置をすることもできます。
その場合は、外壁の種類に合った物を購入するようにしましょう。

しかし、幅が1mmを越えるようなひび割れは危険です。
亀裂から雨などが侵入すると、建物の構造部分が腐ってしまい、大掛かりな工事が必要になってしまいます。

そのような亀裂を見つけた場合は、外壁の種類やひび割れの原因によって補修方法が違ってくるので、自分で処置するのではなく、早急に専門の業者に依頼するようにしましょう。



どんなひび割れや亀裂でも放って置くと悪化してしまうことがあるので、早めに補修することが必要です。
そうすることで、補修のコストをおさえることができ、建物自体も長持ちさせることができます。

また、定期的に外壁の状態もチェックし、劣化が進む前に補修する予防保全を行うことも大切です。


Copyright c 2014 アールフィールズ株式会社 All rights reserved.

Fudousan Plugin Ver.1.7.0