インフォメーション

人気物件

中古不動産再生事業のアールフィールズ㈱です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当社管理物件で5月14日(木)に退去されたお部屋ですが

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

事前に退去予定として現在の入居者が入居前の写真を使用し各種ポータルサイトに登録しておきましたところ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日、退去後ならお部屋が見られるだろうという事でお客様が来店して下さいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1_R

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2DKを1LDKにリノベーションしたお部屋です(退去された方もとても気に入っていたお部屋でしたと退去立会時に言ってくださいました)

 

 

 

 

 

 

 

 

6_R

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

11_R

 

 

 

 

 

 

 

私自身も馬橋でたくさんの物件を見ていた中で、今回退去するお部屋はかなり条件が良いと思っていたこともあり、今回の募集は退去される前よりも3,000円賃料をあげていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

5_R

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ありがたい事に来店して下さったお客様がその場で申込みして頂き、原状回復はこれからですが多少の修繕で賃料も上げられるというオーナー様にとっても良い結果となりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2_R

 

 

 

 

 

 

 

 

 

馬橋周辺の物件を案内していると、駅から近く日当たりも良いのに空室が多い物件が沢山あります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

賃料さえ適正であればどんな物件でもお客様が入るとは思いますが、駅からも近く条件の良いお部屋はなるべく高く貸し出したいという気持ちはとても分かります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし空室期間が1ヶ月2ヶ月と積み重なっていくとそれだけ損失も増え、値下げしてすぐに入居させてしまった方が結果的に+という事もあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

退去した時点で以前と同じ賃料ではなく適正な賃料をその都度調査するのが必要だと考えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回すぐに決まったお部屋は築35年を超えている物件でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

年々下がるお部屋の価値ですが、適切なリノベーションによって価値を増し、空室期間の損失も埋められる良い例だと思いました。

 

 

 

 

 

 

 

13_R

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本音を言うともう少し高く募集できたなという気持ちもありますけどね笑


Copyright c 2014 アールフィールズ株式会社 All rights reserved.

Fudousan Plugin Ver.1.7.0