インフォメーション

不動産のIT化

中古不動産再生事業のアールフィールズ㈱です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

家を借りたり買ったりする際に契約を行います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

後々もめないように重要事項説明を契約前に行うのですが

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

宅地建物取引士がこの重要事項説明を行う必要があります。

相談・説明のイラスト

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

建物や土地によって説明事項は内容は様々です。

 

 

 

 

 

 

 

 

借主及び買主は疑問点を宅地建物取引士に聞き説明を受けて納得した上で契約を行い、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

言った言わないという事のないように捺印を頂いています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、先月ですが国土交通省からITを活用した重要事項説明に係る社会実験のためのガイドラインというものが発表されました。

 

 

 

 

別ウィンドウでイラストを表示します

 

 

 

 

 

内容は遠方にいる方でも実際に来店せずTV電話等で重要事項説明が可能になるという物です。

 

 

 

 

 

 

 

遠方の方からすればわざわざ説明を受けるために出かける事を思えば、とても合理的で便利になりますが、契約前にどんな方か実際にお会いできないのは多少の不安が残ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、お部屋の選定やお部屋の内覧の生中継を先週アットホームがデモンストレーションで説明会を行いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

賃貸には初期費用として、預けるお金である敷金と別に礼金という物があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昔は、現代のように交通網も通信網も整っておらず、親が「我が子をよろしくお願いします」と、大家さんにあらかじめお礼の念を表すためお金を手渡したことが礼金の発祥と言われています。

 

ビジネスのイラスト「握手・契約成立」

 

 

 

 

 

 

 

時代は変わり 交通網、通信網は便利になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今では礼金が無い物件がほとんどとなっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

便利になる一方でITを駆使しての不動産仲介というのは、昔からの不動産を考えると寂しさも感じてしまいます。

引っ越しの挨拶のイラスト


Copyright c 2014 アールフィールズ株式会社 All rights reserved.

Fudousan Plugin Ver.1.7.0