インフォメーション

アパート管理会社とトラブルにならない為に抑えておきたいポイント

アパート管理会社とトラブルにならない為に抑えておきたいポイント

アパートを経営している人のなかにはオーナー自ら管理をしている人もいると思いますが、なかにはアパート管理会社に任せている人もいるでしょう。
ここでは管理会社とトラブルにならないための方法について、例を交えて紹介します。

住民からのクレーム対応

ガスや水道などのトラブルが発生した際に、オーナーや管理会社にクレームがくることもあるようです。
管理会社との契約内容によっては対応してもらえないことがあり、そうした場合入居者の不満は増加することが考えられます。

このような場合に備えて、住民からのクレーム対応のときにどちらが対応するかを決めておくことで、トラブルを未然に防ぐことが可能です。

また、オーナー自らそうしたクレーム対応の管理を行う場合は、水道やガスなどのトラブルに迅速に対応できる業者を見つけておくことが大切です。

空室対策

アパート管理会社の主要な仕事のなかに入居者管理があります。
建物管理はオーナー側で行うが、入居者募集や空室対策は専門的な知識が必要なためアパート管理会社に任せている人もいるでしょう。

アパート経営での収入源は入居者が支払う家賃であるため、満室やそれに近い状態が理想となります。
空室対策を管理会社に任せているが改善しない場合などは、管理会社の営業力が無いことも考えて管理会社を変更するなどの対策が必要です。

毎月管理料を払っても効果が無いということを避けるためにも、管理会社選びは慎重に行うべきでしょう。

賃料管理

入居者からの家賃がオーナーの収入となるため、滞納なく振り込みがあることが大切です。
もし、滞納が合った場合には速やかに対応することが必要になるのですが、お金が絡む問題になるため管理会社に賃料管理を任せている方もいるでしょう。

信頼できる管理会社であれば、支払いの催促や内容証明の送付などまで対応してくれるため安心です。
また、入居審査を厳しく行うことで家賃滞納のリスクを減らすことが可能です。



アパート経営をしていくうえで設備や入居者の管理はとても大切なことです。
すべてを自分で行うというのも1つの方法ですが、専門的な知識が必要な所はアパート管理会社に依頼することも考えてよいでしょう。

依頼をする際には契約内容をしっかり確認することが、管理会社とのトラブル回避につながります。


Copyright c 2014 アールフィールズ株式会社 All rights reserved.

Fudousan Plugin Ver.1.7.0