インフォメーション

マンション管理会社とトラブルにならない為に抑えておきたいポイント

マンション管理会社とトラブルにならない為に抑えておきたいポイント
マンションを保有している人のなかには、管理をマンション管理会社に委託している人も多いでしょう。
管理を任せる際には契約を管理会社と結ぶのですが、契約内容を把握していないとトラブルにつながることもあります。

日々の建物管理

マンションの外観や設備などを整備することは、物件価値にもつながるため大切なことです。
オーナーのなかには、マンション管理会社にこうしたことを任している方もいると思います。
しかし、契約内容によっては十分な設備管理を行わないケースがあるため注意が必要です。

共用部分などは管理を怠ると、すぐに汚れなどにつながりますし住人の方からの苦情にもつながります。
オーナー側は管理会社がしっかりと管理をしてくれていると思っていたら、実際は何もしていなかったというケースもあるのです。

建物管理を怠ったために入居者の減少や、物件価値が減少してしまうということもあるため、契約内容に注意しましょう。

入居者同士のトラブル

マンションのトラブルと聞いて最初にイメージするのが騒音やペット問題などの入居者間のトラブルではないでしょうか。
これらの問題は大きく分けると共用部分に関連するものと、共用部分には直接関係しないものとあるのですが、前者から紹介します。

例えば、駐車場やエレベーターなどの共用部分やバルコニーといった、法定共用部分での喫煙はトラブルに発展しやすい問題です。
こうした問題が発生した際に、オーナーと管理会社どちらが対処をするのかを、あらかじめ決めておくことが必要になりますし、トラブルを回避するために共用部分でのルールを決めておくなどの対策が求められます。

共用部分以外の問題では楽器や子どもの足音など騒音が問題になりやすいのですが、この場合もどちらが対処するかを決めておくことが大切です。
騒音は主観的な問題も含まれるため対応が難しいとされるので、管理会社に任せるというのも1つの方法でしょう。

どちらの場合も管理を任せる際には、どこまでが管理の範囲に含まれているかをしっかりと確認をすることでトラブル回避が期待できます。



マンション管理会社は大家さんの代わりに設備の管理やトラブルへの対処を行ってくれる心強い存在です。
トラブルがあった際に責任の所在を管理会社と揉めないためにも、契約内容の確認は怠らないようにしましょう。


Copyright c 2014 アールフィールズ株式会社 All rights reserved.

Fudousan Plugin Ver.1.7.0