インフォメーション

マンションの共用部分でのトラブル例と解決策

マンションの共用部分でのトラブル例と解決策

マンションの共用部分は居住者が皆で使用するものです。
しかし、複数の居住者がいるからこそ、トラブルに繋がってしまうということも言えるでしょう。

具体的な例を通じて、トラブルの解決策を探っていきましょう。

廊下を私物化してしまう

玄関の前にある廊下に、自転車、バイク、ベビーカー、植物などを置いてしまうことで、隣人とのトラブルに繋がるケースがあります。
廊下は共用部分であるため、勝手に物を置くことは認められません。

エントランス付近にある掲示板やエレベーターなどに警告する張り紙をして、注意を促しましょう。
また、郵便ポストに廊下に物を置かないように警告する紙を入れるのも効果的です。

ベランダの使い方でトラブルになってしまう

意外かもしれませんが、ベランダは専有部分ではありません。
専有することが認められた共用部分です。

具体的なトラブルとしては、ベランダで喫煙することで、隣の家の洗濯物に臭いがついてしまう、ゴミの日まで時間があるため、一時的にベランダに置いたことで臭いの発生やカラスや虫が集まってしまうなどが挙げられます。

また、お子さんがいる家庭だとビニールプールで遊ぶ際、他の住人のベランダを水浸しにする可能性もあります。

これらのトラブル解決にも、掲示板や回覧板を活用して、居住者に理解してもらうようにしましょう。
また、ベランダは非常用のはしごが設置されていることからも、避難経路であることを防災の観点から訴求するのも効果的です。

ゴミ捨てのルールを守らない

マンションのゴミ捨て場は、便利な設備の1つして居住者のニーズも高いと言えます。
しかし、ルールを徹底しないと、分別をしない、粗大ゴミなのに専用のシールも貼らずにゴミ捨て場に置いてしまう、などのトラブルに繋がってしまいます。

ルールを無視した人には今後回収しない旨をきちんと告知し、毅然とした態度を取ることが必要です。
その上で、燃える、燃えない、プラスチック、紙などの回収日がいつであるかを居住者に周知するようにしましょう。

ゴミ捨て場内においても、種類別にゴミを置く場所を決めておくと、自然と分別することができます。
また、居住スペースと少し離れている所にゴミ捨て場が設置されているケースもあることから、居住者ではない人がゴミを捨ててしまうというトラブルもあります。

この場合は、鍵を設置し、居住者しか扉を開けられないようにする方法があります。
また、監視カメラを設置すると抑止力に繋がります。

万が一不法投棄がされた場合、防犯カメラに残された画像が証拠になり、犯人を捜しやすくなります。



これらのトラブルは、当事者が一番悪いと言える一方で、マンションのオーナーや管理会社に責任が問われる場合もあります。
日頃から、必要な点検を怠らないようにし、管理体制を見直すようにしましょう。

また、現代社会において近所づきあいが疎遠になりつつありますが、居住者とのコミュニケーションを図ることによってトラブルを防ぐことができるかもしれません。


Copyright c 2014 アールフィールズ株式会社 All rights reserved.

Fudousan Plugin Ver.1.7.0