インフォメーション

マンションの水漏れ事故の責任範囲とは

マンションの水漏れ事故の責任範囲とは

マンションは多くの人が住んでいることもあり、トラブルが起こってしまうのは避けられません。
発生するトラブルの1つとして、水漏れ事故が挙げられます。

もし、水漏れが起こってしまった場合、責任の範囲はどのような扱いになるのかを把握しておきましょう。

専有部分で水漏れ事故が発生した場合

居住スペースである専有部分には、台所、洗面所、お風呂、トイレといった水を使う設備が多くあります。
水回りは、サビやカビ・水アカなどが発生しやすいため、定期的に掃除を行わないと配水管などが劣化しやすく、そこから水漏れが発生してしまいます。

また、水漏れの原因として、流してはいけない物を流してしまったといケースも案外多くあります。
このように、人為的に水漏れが起こった場合は、居住者に責任が問われます。

共用部分における水漏れの事故とは?

マンションの共有部分にある屋上の貯水タンク、配水管などの劣化によっても、水漏れが起こる可能性があります。
また、外壁の劣化や亀裂が入ることで、雨水が入ってしまうこともあります。

これらは居住者が専有部分の清掃をこまめにやっていたとしても、居住者には防ぎようがないと言えるでしょう。

従って、これらの水漏れトラブルは、管理組合または管理会社に責任が問われてしまいます。
マンション管理組合による、維持管理は欠かせないと言えるでしょう。

水漏れのリスクに備える方法は?

管理組合は、専門業者による配水管の清掃やメンテナンス、共有設備や外壁などについても破損している部分がないかを定期的にチェックするようにしましょう。
また、新築時から一定の年月が経過している場合は、配水管の交換なども検討することが必要になると言えます。

このようなリスクに備えて、管理組合で加入している保険を見直すこともおすすめします。
保険の保障内容も、どこで水漏れが起きているかによって変化するため、契約内容を把握しておくことも必要です。

水漏れ事故が発生した際の対処法とは?

万が一、水漏れが起きてしまった場合、居住者が自力で修理してしまうと、さらに悪化するケースが考えられます。
このようなトラブル発生時には、速やかに管理組合または管理会社に連絡するように、日頃から居住者に周知しておくことが必要です。

また、水漏れが居住者によるものなのか、配水管や共用部分設備に起因しているのかは、調べてみないとわからない場合もあります。
どこが原因で水漏れが起きているのかを速やかに発見・修理することが必要です。



マンションは複数の人が住んでいるからこそ、マナーやルールをお互いに守って生活することが大切です。
水漏れトラブルを防ぐためにも、居住者や管理組合がマンションという資産を維持するという意識を持つことが必要と言えるでしょう。


Copyright c 2014 アールフィールズ株式会社 All rights reserved.

Fudousan Plugin Ver.1.7.0