インフォメーション

マンションの駐車場におけるトラブル例と解決策

マンションの駐車場におけるトラブル例と解決策

マンションの駐車場では、さまざまなトラブルが発生することがあります。
駐車場のトラブルの事例を見ながら解決策について考えてみましょう。

マンションの駐車場で発生するトラブル事例

駐車場のトラブル事例として、まず無断駐車があります。
共有部分や通路に停める場合や、別の人が契約している区画に停めることによるトラブルがあります。

また、駐車場内での接触や当て逃げのトラブルも発生します。
最近では3ナンバーの車が増えており、隣の車とのスペースが狭いために、開閉時にドアをぶつけたり、出入りの際に車体をぶつけたりしてしまうことがあります。
当人がその場ですぐ対応すればよいのですが、運転手が逃げてしまうと、被害者の怒りは管理会社に向いてしまいます。

さらに、契約上のトラブルもあります。
例えば、抽選で入口から遠い駐車場に決まった人にとって、入口から近い人と同じ料金であることは不公平だと感じるわけです。

トラブルの責任は管理会社にあるのか

マンションの駐車場使用契約は、一定の区画に駐車する権利を与える契約であって、事故などがないように常時監視する義務はありません。
たいていの使用契約書には、免責事項として駐車場内でのトラブルに対して一切責任を負わないということが明示されています。

しかし、もし明示されていなくても、駐車場の使用料金は免責を考慮に入れて設定されていることは明らかですので、管理会社に損害賠償を請求することはできません。
ただし、何度も住人から危険が指摘されているのに、何の対策も取らなかったのであれば、管理責任を問われる可能性があります。

トラブルの対応策・解決策

私有地内の無断駐車では警察が介入することはできません。
所有者がある車を勝手にレッカー移動することもできません。

そのため、マンションの駐車場内の無断駐車については、まず警告をすることです。
車に貼り紙をしたり、掲示板に駐車についての文書を掲示したり、全戸にポスティングすることもできます。
常習的に区画外に停めてある場合は、適正な車庫証明を取っていない場合もあるので、警察に相談してみるのも良いでしょう。

また、当て逃げは不法行為ですので、警察に届け出て対応してもらうことができます。
さらに、不公平感が原因のトラブルについては、例えば、数年に一度駐車場をシャッフルするなど、誰もが公平だと思える仕方で運営していく必要があります。



マンションでの駐車場トラブルは決して少なくありません。
駐車場使用契約に免責事項を明示しておくことや、無断駐車禁止の看板や防犯カメラを設置することも大切です。
住人が安心して使用することができるように駐車場を管理するようにしましょう。


Copyright c 2014 アールフィールズ株式会社 All rights reserved.

Fudousan Plugin Ver.1.7.0