インフォメーション

マンションの修繕工事の時期とは

マンションの修繕工事の時期

マンションなどに投資した際、必ず掛かるのがマンションの修繕費用です。どんなに立派な新築マンションであっても、定期的な点検をしていてもいつかは行わなければなりません。細かい部分の修繕は随時、行っていれば良いですが、建物全体を一定のタイミングで大きく修繕しないと、入居者のマンション内での快適な生活が奪われ、最悪の場合は出ていってしまうことがあるかもしれません。しかし、マンションの修繕工事を行ったことのないオーナー様にとってはいつごろ始めれば良いのか、と不安に思ってしまいますね。そこで今回は、マンション修繕工事における時期や目安についてご説明いたします。

 

マンションの修繕時期の目安は

マンションの修繕工事の時期

マンションの大規模な修繕工事は12年毎に行うところが多いようです。この修繕工事は外壁塗装や防水工事などを含んだ工事のことを指しています。理由としては12年たつと外壁塗装や防水対策に使用していた素材の耐久力がなくなり、建物の劣化に繋がりやすくなるからです。また建築基準法によって築10年を経過したマンション外壁は3年以内に外壁の調査(全面打診調査)を行う必要があると決められていることも一因です。

しかしこれはあくまでも目安であり、決定実行ではありません。マンションの立地条件、例えば海の近くなどであれば塩害などにより劣化は早くなりますし、そのマンションの構造や管理の状態によっても違ってきます。場所によってはもっと早い時期からの修繕をおこなわれるところもあるため、マンションの劣化状態を逐一チェックし修繕の時期を決めることが重要になってきます。

 

 

マンション修繕前の全面打診調査について

マンションの修繕工事の時期

マンション外壁における全面打診調査は基本的に10年を経ている場合、3年内に全面打診調査が必要です。この調査は「打診棒」と呼ばれる外壁検査器具によって外壁を叩き、その反発する音によって内部の異常個所を見つける方法となっています。これ以外にも「赤外線調査法」という外壁調査方法がありますが、断熱材や空気層がある建物では正確な結果が得られない、調査時の天候状況によって調査が出来ないなどの条件が多く、信頼性も低いため、多くの外壁調査において、全面打診調査が使用されます。しかしこの全面打診調査は先ほども上げたように足場を組む必要があり、その費用は数百万単位のものとなってきます。こういった背景から、調査だけにそれだけのお金を掛けるなら、そのままで修繕をした方が良いと考え、12年で大規模修繕工事を行うところが多いです。

 

マンション修繕時期の注意点

マンションの修繕工事の時期

ここまで大規模修繕工事は12年が良いというイメージが強くなってきますが、あくまでこれはガイドラインであって決まりではありません。また建物の劣化が早くなる海の近くのマンションなどは、それより早める必要があります。その逆に12年以上のところもあります。いずれにおいても、大規模修繕はたとえ予定したとしても補修が必要のない部分があります。足場を組む作業が必要な高所での作業は一度にやってしまった方が確かにメリットはありますが、それ以外の工事には必ずしも一緒にする必要はなく、仮に必要になるまで遅らせたとしてもそれほどデメリットはありません。そのことを踏まえた上で、修繕工事の時期を決めることが大切です。

 

マンションの修繕時期の目安のまとめ

マンションの修繕工事の時期

今回、マンションの修繕時期における目安についてご説明いたしましたが、いかがでしたでしょうか。修繕工事の目安は国土交通省が出しているガイドラインなどの影響があり、12年を目安として考えているマンションが多いです。しかしそれはあくまで目安であり、法律上決められたものではありません。調査結果から、劣化具合を判断し、12年以降にしても良いものも多くあります。マンションの状態を適切に判断し、状態に合わせた修繕工事を計画していきましょう。

 

 

マンション修繕時期のことでお悩みならアールフィールズへ

松戸のアールフィールズ株式会社

アールフィールズ株式会社は不動産管理だけでなく、賃貸仲介、修繕工事、リフォーム工事までを自社で一貫して行う総合不動産商社です。入居率が悪いお部屋の対策、不動産投資や経営、管理において今まで数多くの物件の再建に携わってきました。私たちは適正な管理で地域社会に活力をもたらし、地域社会の治安向上に貢献し、地域社会の街造りに努める管理会社を目指しています。おかげさまで管理戸数も毎年順調に数を伸ばしております。もしマンションの修繕時期のことでお悩みならばぜひアールフィールズ株式会社へお気軽にご相談ください。電話でもメールでも受け付けております。(後から無理な営業などは決して行っておりませんのでご安心ください。

 

他社の物件、他社で管理を任せている方、管理会社は変えたくない方でも構いません。お気軽にご相談ください。

 

 

→管理物件の事例はこちら←

→工事業務についてはこちら←

お問合せ

物件オーナー様だけでなく、マンションやアパートの住人のみなさまからもたくさんご質問などをいただいております。

賃貸管理・物件工事のお問い合わせはお気軽にこちらまでお問合せ下さい。


Copyright c 2014 アールフィールズ株式会社 All rights reserved.

Fudousan Plugin Ver.1.7.0