インフォメーション

松戸市で空室対策を家賃の値下げ以外で行う方法

空室対策の方法

不動産オーナーや投資家にとって長期間空室が埋まらない事態は避けるべきです。そこで空室対策として家賃の値下げがまず考えられます。家賃値下げは確かに効果があり、入居率改善につなげる手ではありますが、安易に値下げをしてしまうと、家賃経営は苦しくなるうえ、それ以降の値上げは困難になり、また次回以降、物件を購入する際に銀行の融資を受ける時の印象が悪くなる、同じ建物の入居者も値下げ交渉をしてくるなどのデメリットが挙げられます。すぐに値下げに踏み切る前に松戸市での物件において、値下げ以外で空室対策を行う方法について、ご説明いたします。

 

松戸市での空室対策1 敷金や礼金を下げる

空室対策の方法

まず空室対策として、敷金や礼金を下げる方法があります。入居者にとって初期費用が高いというのはそれだけでハードルが上がり、その物件を避けてしまうことがあります。これら敷金や礼金などの初期費用を下げることで、入居者が物件を選ぶ際のハードルを下げることが出来ます。これによって家賃滞納時や退去時の原状回復費を確保が難しくなる、というデメリットもありますが、保証会社に加入していればこれらのリスクは軽減されるのでそれほど心配はありません。

 

松戸市での空室対策2 フリーレント期間を付ける

空室対策の方法

値下げ以外での空室対策の2つ目としてフリーレントが挙げられます。入居者にとって入所の初めの期間は家具や家電を揃えたりしなければならず、出費がかさむ時期でもあります。そこでフリーレントを付けることによって入居者の初期の段階でのメリットがあることをアピールできます。この対策のデメリットとしては、フリーレント期間中はオーナー側がその費用の負担をしなければならないデメリットが発生しますが、長期間の空室が出来ることによる損失よりは少なくすることが出来ます。

 

 

松戸市での空室対策3 インターネット使用料を無料にする

空室対策の方法

値下げ以外の空室対策の方法として、インターネット使用料を無料にする手段があります。今はインターネットが生活に絶対的に必要的になっている時代といっても過言ではありません。しかし、いくら必要なものであっても、初めの段階では自分で申し込みをしたり工事をしてもらう必要があり、その費用はなかなか高額のものとなります。最近ではインターネットへ接続できるモバイルタイプの端末もありますが、住んでいる地域によっては使えない可能性があります。インターネット無料の物件にすることによって、入居者が不安に思っていることを解決が出来るだけでなく、付加価値を作ることが出来ます。デメリットとしては入居者がいない場合でもそのインターネットの使用量を負担しなければならない点がありますが、スマートフォンが普及した今において、インターネット使用料が無料の物件は他の差別化を図る意味でも重要です。

 

松戸市での空室対策4 リノベーションを行う

空室対策の方法

値下げ以外の空室対策として、部屋そのものをリノベーションしてしまう方法があります。いくら物件が安くても物件の内装が汚れていたり、傷んでいたりすると入居者を決めることはなかなか難しいです。しかし、部屋そのものを単にクリーニングするだけではあまり効果が上がらない可能性があります。そこで部屋の間取りや内装を大幅に変えるリノベーションを行うことによって、入居者への印象を変え、入居率をあげることが出来ます。またリノベーションを行うことにより、その物件自体の資産価値を上げることが出来るメリットもあります。デメリットとしてはやはり工事費用が掛かってしまうこと、工事までの間、入居募集が掛けられないことが挙げられます。またリノベーションによって資産価値が上がった場合、工事費用は資本的支出となり、経費に計上出来なくなるのでその点は注意しましょう。

 

松戸市での空室対策5 管理会社を変更する

空室対策の方法

値下げ以外の空室対策の方法として、管理会社を変更する手段が挙げられます。管理会社は不動産オーナーに代わって建物の維持管理や入居者募集、管理、家賃管理を行ってくれるパートナーともいえる存在ですが、どこも同じというわけではありません。管理業務は得意だが、客付けはあまり得意でない管理会社も当然います。空室率が依然として高い場合は管理会社の変更を検討し、少しでも客付けを早く行ってくれる管理会社を選べば、空室率を改善することが出来ます。デメリットとしては1月~3月などの繁忙期に管理会社の変更をすると、管理業務の引き継ぎなどがうまくいかず、既に住んでいる入居者の満足度なども下がる可能性があり、空室率を下げるどころか、上がる可能性もあるので変更時期だけは注意してください。

 

まとめ

空室対策の方法

今回、松戸市で家賃を値下げする以外の方法で空室率を改善する方法をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。空室率の改善は不動産経営において解決しなくてはならない一つの課題です。また空室率が高ければ資産価値が落ちるだけでなく、新たな入居者からの印象も悪くなり、さらに空室が増えるという悪循環に陥ってしまいます。だからといって安易に家賃を値下げすると、不動産経営の計画を変更しないといけなくなります。今回紹介した方法は、値下げをする前に行える方法ばかりです。これらの方法をぜひ活用してみて、不動産経営の改善を行っていきましょう。

 

 

松戸で空室対策でお悩みなら総合不動産商社アールフィールズへ

松戸のアールフィールズ株式会社

アールフィールズ株式会社は不動産管理だけでなく、賃貸仲介、修繕工事、リフォーム工事までを自社で一貫して行う総合不動産商社です。入居率が悪いお部屋の対策、不動産投資や経営、管理において今まで数多くの物件の再建に携わってきました。私たちは適正な管理で地域社会に活力をもたらし、地域社会の治安向上に貢献し、地域社会の街造りに努める管理会社を目指しています。おかげさまで管理戸数も毎年順調に数を伸ばしております。もし空室対策のことでお悩みならばぜひアールフィールズ株式会社へお気軽にご相談ください。電話でもメールでも受け付けております。(後から無理な営業などは決して行っておりませんのでご安心ください。

 

 

→物件管理の事例はこちら←

→工事業務についてはこちら←

お問合せ

物件オーナー様だけでなく、マンションやアパートの住人のみなさまからもたくさんご質問などをいただいております。

賃貸管理・物件工事のお問い合わせはお気軽にこちらまでお問合せ下さい。


Copyright c 2014 アールフィールズ株式会社 All rights reserved.

Fudousan Plugin Ver.1.7.0