インフォメーション

新松戸でマンション管理に必要な設備点検とは

新松戸のマンション管理に必要な設備点検とは
日々多くの人が生活を営むマンション。
そんなマンションで安心した毎日を過ごすためには、建物・設備の定期的な点検が必要不可欠です。

ここでは設備点検の種類から、法定点検にはどのようなものがあるのか、ご紹介します。

新松戸でマンションに義務付けられている設備点検とは

マンション管理における設備点検には、日常点検、定期点検や、臨時点検などいくつかの種類があります。
その中で、法律によって定められている点検を「法定点検」と言います。

新松戸で法定点検の内容と点検の頻度

法定点検には、対象の場所によって、建築基準法や水道法、消防法など、該当する法律がそれぞれ異なっています。
また、この法定点検は有資格者により行われる必要があり、それぞれ実施する時期が決まっています。

法律によって検査回数や時期が決められているため、それにそって行う必要があります。

下記、法定点検の一部となります。

建築基準法

●特殊建築物定期調査
建築物の敷地、構造及び建築設備の調査(3年に1回)

●建築設備定期検査
換設備、排煙設備、非常用の照明装置、給水設備等の検査(1年に1回)

●昇降機定期検査
昇降機(エレベーター)の機能全般の点検。
エスカレーターがある場合はこれも含まれる(1年に1回以上)

水道法

●簡易専用水道管理状況検査
水槽の有効容量10m?を超える施設(水質検査:1年以内ごとに1回)(水槽の掃除:1年以内ごとに1回)

●専用水道定期水質検査
水槽の有効容量100m?を超える施設(水質検査:月1回)(水質や残留塩素の検査は毎日)

消防法

●消防用設備点検
消火器や消火栓、火災報知機、ガス漏れ警報器などの消防設備に関する設備点検(総合点検は1年に1回、機器点検は半年に1回)

上記の法定点検のみならず、入居者に安心して暮らしていただくためには、日常的にきちんと点検を行い、事故のない安全な設備・建物を保つ必要があります。

新松戸でのマンション管理全般のことでお悩みなら総合不動産商社アールフィールズへ

新松戸のアールフィールズ株式会社

アールフィールズ株式会社は不動産管理だけでなく、賃貸仲介、修繕工事、リフォーム工事までを自社で一貫して行う総合不動産商社です。入居率が悪いお部屋の対策、不動産投資や経営、管理において今まで数多くの物件の再建に携わってきました。私たちは適正な管理で地域社会に活力をもたらし、地域社会の治安向上に貢献し、地域社会の街造りに努める管理会社を目指しています。おかげさまで管理戸数も毎年順調に数を伸ばしております。もし空室対策のことでお悩みならばぜひアールフィールズ株式会社へお気軽にご相談ください。電話でもメールでも受け付けております。(後から無理な営業などは決して行っておりませんのでご安心ください。

他社の物件、他社で管理を任せている方、管理会社は変えたくない方でも構いません。お気軽にご相談ください。

新松戸・馬橋でのご相談は小さなことでもお気軽に

お問合せ

新松戸・馬橋で物件オーナー様だけでなく、マンションやアパートの住人のみなさまからもたくさんご質問などをいただいております。

賃貸管理・物件工事のお問い合わせはお気軽にこちらまでお問合せ下さい。


Copyright c 2014 アールフィールズ株式会社 All rights reserved.

Fudousan Plugin Ver.1.7.0