インフォメーション

ワンルームマンションへ投資するメリットとは

ワンルームマンションへ投資するメリットとは

不動産投資は中長期的な投資であり、成功すれば不労収入が得られたり老後に年金以外の収入が得られるなど数多くのメリットがあり注目を集めています。とはいっても投資金額が高く、何かあった際のリスクのことを考えるとなかなか手が出るものではありません。しかしそんな不動産投資の中でも比較的始めやすいといわれているのがワンルームマンションへの投資です。ではこのワンルームマンションへの投資をするとどんなメリットがあるのかについて、今回ご説明いたします。

ワンルームマンションへの投資のメリット

ワンルームマンションへ投資するメリットとは

ではワンルームマンションへの投資を行うことできるメリットとはどのような点があるのでしょうか?

 

1.購入金額が安く、自己資金も少額でスタートできる

新築のマンションなどは場所にもよりますが、数千万~数億とかなり高額で、自己資金もそれなりに用意しないと始めるのが難しいです。しかし、ワンルームマンション、特に中古のワンルームマンションであれば、200~500万円台の物件もあり、ローンで組んだとしても比較的自己資金を抑えて投資をすることが可能です。またワンルームマンションであれば資金を抑えつつ、立地条件がよいところでの物件を買うことが出来ます。

 

2.物件の管理の負担が少ない

マンション経営において物件管理をすることが最も大切なことですが、オーナー自信が管理業務をするにはだいぶ手間が掛かります。専業オーナーならばそれでも良いですが、サラリーマンなど他の仕事を持っている人にとってはかなりの負担となります。しかし、管理会社に依頼をすれば、建物の維持管理、入居者募集、クレーム対応などをオーナーに代わって行ってくれます。これによってオーナーの管理負担はかなり少なく投資をすることが可能です。

 

3.不動産の流動性が高い

何らかの事情によって不動産を売却しなければいけなくなった場合、1棟のマンションやアパートを売却するのは金額が大きいためすぐには難しいです。そういった物件は基本的に投資家対象となるため、買い手が現れにくいです。仮に早急に売る必要が出た場合は値下げをするなどの手段が必要になってきます。しかしワンルームマンションであれば、投資対象としてだけでなく、居住用として購入を検討している人もいるため、買い手が付きやすく、短期間での売却がしやすいので流動性がとても高いです。

ワンルームマンションへの投資のデメリット

ワンルームマンションへ投資するメリットとは

では逆にワンルームマンションへの投資を行うことによるデメリットはどのようなものがあるのでしょうか。

 

1.他の投資手段に比べ、流動性が低い

メリットの点において流動性が高い、と書きましたがこれはあくまでも不動産投資の対象の中では、ということです。株式投資や債券、FXなどの他の投資手段と比べると、すぐに買い手が見つかるわけではないため、早急に現金が必要になっとしてもすぐに準備することができません。また売却時には不動産会社への手数料、さらに売却時に利益が出た場合には剰余所得として税金が掛かります。

 

2.収益性が低い

小規模の金額で始められるためリスクが少ないワンルームマンションへの投資ですが、リスクが少ない分、収益性はそれほど高くなく、また戸建て賃貸物件などに比べてもかなり低いものとなります。またマンション一棟での所有でないので、空室時には収入がゼロとなってしまいリスクの分散が出来ません。ただ、少ないリスクで安定した収益を長期で見込めることを考えるとこの点はメリットともいえます。

 

3.ランニングコストがかかる

建物の維持管理費用などに加え、管理会社に委託している場合にはその手数料が掛かります。またそのほかにも固定資産税や都市計画税なども掛かってくることがデメリットに挙げられます。長期で保有していた場合は維持費用とは別に大幅なリフォームなど必要になってくることもあり、その費用もそれなりにかかってくるので、そのことを考慮してワンルームマンションへの投資を行いましょう。

ワンルームマンションの投資を成功させるには

ワンルームマンションへ投資するメリットとは

 

ここまでワンルームマンションへの投資のメリット、デメリットについてご紹介しました、では実際にワンルームマンションへの投資を成功させるにはどのような点を気をつけるべきなのでしょうか?

 

頭金を入れて投資を行う

最近では低金利のため銀行からの融資が受けやすいことに加え、フルローン、つまり頭金なしでのローンを組めるようになってきました。このことによって不動産投資がしやすくなったことは事実ですが、金利が上昇した場合、返済額も増えることで結果的に赤字になりワンルームマンションを経営していくことが難しくなっていきます。金利上昇などによるリスクを回避するためにも頭金を入れた投資を行っていくことが大切です。

 

立地条件を重視する

立地条件は不動産投資における重要性においてかなりの割合を含んでいます。またワンルームマンションは賃貸住宅としての需要が高いこともあって駅からのアクセスの良さやスーパーなどの商業施設、公共施設など立地条件の良し悪しが空室リスクに直結しています。内装はリフォームやリノベーションすることで買えることができるので、ワンルームマンションへの投資は立地条件に比重を置きましょう。

 

中古のワンルームマンションへ投資する

新築の物件は入居者にとって魅力ではありますが、投資側にとっては不動産会社へ販促費用も込めた価格で購入しなければなりません。そのため返済計画によっては家賃を多少高めに設定する必要性が出てきます。しかし、新築の物件は一度でも入居者が入れば中古マンションとなるため、資産価値も購入時に比べだいぶ下がります。ワンルームマンションは利回りがよい不動産とは言えないため、家賃収入から維持費やローン返済額を差し引くと実は赤字になってる場合もあります。

中古マンションの場合は、市場になじんでいるので購入時の価格が適正な価格によって購入が出きます。新築に比べ、安い金額で購入することもできるので、収支の面からも効率よく投資額を回収することが可能となってきます。投資の場合は新築にこだわりすぎず、中古物件も視野に入れて投資を行っていきましょう。

まとめ

ワンルームマンションへ投資するメリットとは

今回、ワンルームマンションへの投資のメリットやデメリットなどについてご説明いたしましたが、いかがでしたでしょうか。不動産におけるワンルームマンションへの投資は新築マンションなどに比べて、ミドルリスク・ミドルリターンのある投資といわれる物件です。その投資に成功すれば不労収入を得ることが出来るだけでなく、老後の生活の収入源とすることができ安心することが出来ます。しかし、これらは長期的な運用計画をしっかり立ててこそのメリットです。リスクが低いとは言ってもリスクがあることに変わりはありませんので、安易に不動産投資に手を出すのではなく慎重に検討しましょう。

不動産投資のことでお困りなら総合不動産アールフィールズへ

不動産投資に管理会社が重要な理由

アールフィールズは不動産管理だけでなく、賃貸仲介、修繕工事、リフォーム工事までを自社で行う総合不動産です。入居率が悪いお部屋の対策、不動産投資や経営、管理において今まで数多くの物件の再建に携わってきました。不動産を通して地域社会の発展に寄与することをモットーに掲げ、おかげさまで管理戸数も毎年順調に数を伸ばしております。もし不動産のことでお悩みならばアールフィールズ株式会社へお気軽にご相談ください。電話でもメールでも受け付けております。

アールフィールズ株式会社

千葉県松戸市西馬橋蔵元町183-2F

フリーダイヤル 0120-210-327

TEL 047-701-7935

FAX 047-701-7936

メール info@r-fields.co.jp

お問いあわせページ https://r-fields.co.jp/inquiry

定休日 水曜日

営業時間 10:00 ~ 19:00

 

 

→物件管理の事例はこちら←

→工事業務についてはこちら←

物件オーナー様だけでなく、マンションやアパートの住人のみなさまからもたくさんご質問などをいただいております。

賃貸管理・物件工事のお問い合わせはお気軽にこちらまでお問合せ下さい。


Copyright c 2014 アールフィールズ株式会社 All rights reserved.

Fudousan Plugin Ver.1.7.0