インフォメーション

馬橋の実家の売却時に掛かる税金について

馬橋の実家の売却時に掛かる税金

両親がなくなり、残った実家をどうするのか、という悩みをお持ちの方は年々増えています。特に子供が遠方に越しているか、すでに別の場所に持ち家を持っていれば、なおさらです。相続するにしても、固定資産税などが掛かるため、その維持費用は子供にとってはだんだん重荷になっていきます。そのため最近では実家を売却する方も多くなってきており、馬橋でも実家の売却を検討する方が増えています。しかし実家の売却時には相続税の時とは違う税金が掛かります。単に売却するだけでも結構な税金が掛かるため、きちんと知っておかないと後で後悔することになるかもしれません。そこで今回は馬橋の実家の売却時に掛かる税金についてご説明いたします。

馬橋の実家の売却時の税金の種類

馬橋の実家の売却時に掛かる税金

 

馬橋の実家の売却時の税金① 印紙税

不動産売買において、買い主と売買の契約を交わす際に発生する税金です。その売買契約書には一定の収入印紙が必要となってきます。この際の収入印紙が印紙税を納付したことになります。馬橋の実家を売却時するとき、その契約金額によって税金額が変わってくるため注意して下さい。税率に関しては以下の通りになります。

 

売買契約時の記載金額

500万超え   ~ 1000万 → 1万円

1000万超え ~ 5000万 → 2万円

5000万超え ~   1億  →  3万円

1億超え ~  5億 →  6万円

5億越え ~  10億 → 16万円

10億越え ~  50億 → 32万円

 

馬橋の実家の売却時の税金② 譲渡所得課税

不動産を売却して得た収益に対して掛かる税金が譲渡取得課税になります。この税金は正確に言うと実家などの不動産を売却したことによって得た収益差額に対して所得税と住民税が課税されることを指しています。この税金は、譲渡する際に、「売却した価格-取得費-譲渡費用」という計算によって求めることが出来ます。この譲渡費用にあたるものは不動産業者の仲介手数料や印紙税をのことを指します。取得費に関しては、土地の購入代金や手数料などが関わってくるため、計算が大変に難しいので税務署などで一度確認しましょう。

この譲渡所得課税に関しては短期譲渡所得と長期譲渡所得の2種類あり、短期譲渡所得は所有が5年未満、長期譲渡所得は所有が5年を超えている場合であり、不動産を所有していた期間によって税率が違います。短期譲渡所得の場合は、税金は、「譲渡所得金額×39%(所得税30%+住民税9%)」となります。長期譲渡所得の場合、税金は「譲渡所得金額×20%(所得税15%+住民税5%)」となります。

譲渡所得は所有期間によって税率が大幅に変わるので、所有期間が5年に近い場合には注意いたしましょう。

 

馬橋の実家の売却しない場合の費用

馬橋の実家の売却時に掛かる税金

仮に、実家を売却せず、残していた場合どのような費用が発生するのでしょうか。まず挙げられるのが固定資産税です。これだけで数万円近くの支払いが発生します。それと住民税の支払いも必要となってきます。この住民税は所有者が複数いる場合にはその分だけ割った金額が請求されます。加えて火災などが発生した場合に備えて各種保険に入っておく必要があります。定期的に管理するなら実家までの交通費に加えて、電気や水道代も必要となってきます。実家を維持するだけでも年間では数十万に近い維持費が掛かります。加えて、実家が老朽化し、外壁の剥がれや瓦の落下によって他人をケガさせてしまった場合、治療費や損害賠償なども発生する恐れがあります。誰も住まない実家を維持し続けることは実はこれだけの費用やリスクがあることを把握しておかなければなりません。

 

 

売却する際に掛かる税金を控除する方法

馬橋の実家の売却時に掛かる税金

馬橋の実家を売却することによって譲渡所得税が掛かることは初めに説明しましたが、出来ることなら少ない金額で収めたいですよね。実はこの譲渡所得風にはある一定の条件を満たすと特例措置として税金の控除をすることが可能です。それがマイホーム特例と呼ばれる控除です。しかもこの控除額はなんと3000万と大きいので、実家を使用しないのでしたら、是非とも使いたいところですね。このマイホーム特例による税金の控除を受けるには「相続をした年から3年目の年末まで売却する」ことが条件となっていますので注意が必要です。また仮に実家をすでに解体していた場合には「解体してから1年以内に売買契約を成立させる」ことができれば控除を受けることが可能です。しかし、あくまで居住として利用していた場合であり、駐車場など居住以外の用途に使っていた場合にはこの控除をうけることができません。

いずれにしても実家を相続後の3年目の年末までに売却することがこの税金控除を受けるポイントとなってきます。

 

馬橋の実家の売却時に掛かる税金 まとめ

馬橋の実家の売却時に掛かる税金

今回、馬橋の実家を売却する際に掛かる税金の種類や、実家を持ち続けることで掛かる費用、そして控除の方法についてご紹介しました。実家は思い出がたくさん詰まっているところであるため、すぐに売却するという風に考えるのは難しい方もいるでしょう。しかし、持ち続けることによって税金や維持費など様々なリスクを抱えることになり、ひいてはあなたご自身の重荷になってしまう可能性もあるので、そのことを十分に把握したうえで、実家をどのように扱っていくか検討いたしましょう。

 

 

 

松戸・馬橋の実家の相続や売却のことならアールフィールズへ

 

馬橋・新松戸のアールフィールズ株式会社アールフィールズ株式会社は中古マンションの売買だけでなく、不動産管理、賃貸仲介、修繕工事、リフォーム工事までを自社で一貫して行う総合不動産商社です。いままで数多くの中古マンション&リフォームの実績があり、多数の中古物件を再生させてきました。また物件管理業においても、みなさまのご紹介などで毎年順調に管理戸数を伸ばしています。私たちは適正な仲介で地域社会に活力をもたらし、地域社会の治安向上に貢献し、地域社会の街造りに努める不動産商社を目指しています。もし松戸・馬橋の実家の相続や売却のことでお悩みならば、ぜひアールフィールズ株式会社へお気軽にご相談ください。電話でもメールでも受け付けております。(後から無理な営業などは決して行っておりませんのでご安心ください。

 

ポータルサイトや他社のサイトで気になる物件がございましたら、そちらもご遠慮なくご相談ください!

 

馬橋・新松戸のアールフィールズ株式会社

松戸市にたくさんの人が移り住み、街の活性化に貢献できることが私たちの願いです。

無料でのお問いあわせページはコチラから https://r-fields.co.jp/inquiry

 


Copyright c 2014 アールフィールズ株式会社 All rights reserved.

Fudousan Plugin Ver.1.7.0