インフォメーション

不動産投資における管理会社選びの失敗例

 

不動産投資における管理会社選びの失敗例

不動産投資をしてオーナーになれば、家賃収入も入るようになり老後の収入も安定してくるようになる。そんなことを夢見て投資をする方は数多くいるでしょう。専業のオーナーならともかく、別の仕事をしている場合でも管理会社に任せておけば集客も維持管理もできるとお考えでしょうが、実はこの管理会社選びをおろそかにすると、家賃収入を見込めるどころか、莫大なローンが残るだけになるかもしれません。そこで今回は不動産投資における管理会社選びの失敗例についてご紹介いたします。

不動産投資の管理会社の失敗事例1 提案能力がない管理会社

管理会社の失敗事例として、ただ建物の管理しかやってくれない会社に依頼してしまうことがあります。建物の維持管理をすることはある意味当たり前ですが、改善点を提案してきたり、定期巡回などの報告をオーナーにきちんとしない会社では失敗につながる恐れがあります。管理会社はオーナーに代わってその建物の維持管理をしているので、オーナーでは気づけない、入居者、あるいは、その物件を見に来た人が不満に思う点も気づけるはずです。そういったことに意識を向けず維持管理だけをしているだけではいずれ、建物の劣化とともに入居者はへり、収益悪化につながり失敗へとつながってしまう場合があります。ただ物件をみるだけでしたらサラリーマンオーナーが休日に物件をみれば済みます。管理会社だからこそ気づける提案が出来ないところは優良な管理会社とは言えないでしょう。

不動産投資における管理会社選びの失敗例

 

不動産投資の管理会社の失敗事例2 修繕費用を必要以上に高く見積もる管理会社

修繕費は建物の維持管理において必要な項目です。管理会社は適宜、必要性に合わせて、オーナーに設備の修繕費用を請求します。ここで失敗しやすいのはオーナーが修繕費用の相場や項目をきちんと理解していない点にあります。管理会社によってはオーナーが何も言ってこないことをいいことに必要以上に修繕費用を高く見積もるケースがあります。その結果、満室にも関わらず、トータルで換算すると赤字であったなんてこともあります。管理会社が言ってくるから修繕を行うのではなく、どういった項目が修繕に必要なのか、またなぜその費用が掛かるのかなどをきちんをチェックして建物を維持管理していきましょう。ただ本当はきちんと関係性が取れてなんでも話せる管理会社が一番の理想になります。

不動産投資における管理会社選びの失敗例

 

 

不動産投資の管理会社の失敗事例3 集客力がない管理会社

空室であればオーナーとしても困るため、空室になった場合、即座に募集をかけなければなりません。集客力のある会社であれば空室がでた時点で即座に募集をかけ、空室を埋める対応してくれます。しかし集客力がない管理会社の場合は、空室になっても一向に埋めることができず、家賃収入が安定せず、赤字がずっと続き、手出しでローンを払わないといけなくなります。管理会社において集客力があるか無いかがオーナーの不動産投資の成否を握っているといっても過言ではありません。管理会社を選ぶ際はこの点を必ず重視しましょう。一つの目安として管理会社が購入物件の地域に密着しているかを確かめましょう。埼玉の不動産を東京の会社が管理していても地域に詳しくないので物件の説明をネットで出てる詳細の範囲でしか答えられません。これでは本当の意味で物件を紹介出来ないのです。

不動産投資における管理会社選びの失敗例

 

管理会社選びが不動産投資の成功の分け目を握っている

今回、不動産投資における管理会社の選びの失敗例についてご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。どこでも良いから管理会社にすべて任せておけば不動産投資は儲けることが出来る、なんてことはまずありません。管理会社はオーナーの代わりに不動産を管理をする大事な目でもあり、不動産投資における大事なパートナーともいえる存在です。たとえどんなによい条件の不動産物件へ投資をしたとしても、パートナーとなる管理会社をいい加減に選んでしまうと、収益の低い不良物件になるかもしれません。

不動産投資における管理会社選びの失敗例

そのため、オーナーは管理会社を選ぶ際は建物の維持管理や改善点への提案をどの程度してくれるのかを契約の時点できちんと把握する必要があります。また、空室が発生した時点でも、どういった対応をしてくれるのか、具体的に説明してもらいましょう。不動産投資は長期間に渡るものでもあります。長く付き合っていくものだから管理会社選びは慎重に行うこと、そして契約後もオーナー側からも積極的に管理会社とやりとりをしていくことが不動産投資における成功の分け目だと考え、投資をおこなっていきましょう。

 

 

不動産の管理会社選びでお困りなら総合不動産アールフィールズへ

不動産投資に管理会社が重要な理由

アールフィールズは不動産管理だけでなく、賃貸仲介、修繕工事、リフォーム工事までを自社で行う総合不動産です。入居率が悪いお部屋の対策、不動産投資や経営、管理において今まで数多くの物件の再建に携わってきました。おかげさまで管理戸数も毎年順調に数を伸ばしております。もし不動産のことでお悩みならばアールフィールズ株式会社へお気軽にご相談ください。電話でもメールでも受け付けております。

→物件管理の事例はこちら←

→工事業務についてはこちら←

お問合せ

物件オーナー様だけでなく、マンションやアパートの住人のみなさまからもたくさんご質問などをいただいております。

賃貸管理・物件工事のお問い合わせはお気軽にこちらまでお問合せ下さい。


Copyright c 2014 アールフィールズ株式会社 All rights reserved.

Fudousan Plugin Ver.1.7.0